【地震】2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア





【地震】2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア




ピックアップ

1:2020/01/04(土) 07:01:01.45ID:7TFnY3LH9 アルマゲドン地震として記憶に新しいのは、マグニチュード(M)9.0を記録した2011年の東日本大震災だ。津波によって1万8000人以上の死者・行方不明者を出した。同規模の地震は500年に1回とされるが、今、日本で東日本大震災クラスの地震が「切迫している」と地震学者から警戒されている地域がある。産業技術総合研究所の宍倉正展・海溝型地震履歴研究グループ長は、こう話す。

「警戒されているのは、北海道東部(太平洋沿岸)を襲う千島海溝で起きる地震です。この土地に古くから住むアイヌ民族は、文字で歴史を伝承する文化を持っておらず、過去の巨大地震についてわからないことが多かった。それが、地層を調査した結果、平均400〜500年の間隔で巨大地震が発生していたことがわかりました。前回の巨大地震は1600年代前半で、発生から約400年が経過しています。次はいつ起きてもおかしくない時期に入っています」

 気になるデータもある。根室市にある検潮所で年間の平均潮位を調べると、1年で1センチのペースで沈降している。これは、日本の他の潮位観測所と比べて早いスピードだ。

「地震前に地盤が沈降することは以前から知られていましたが、近年では巨大地震が近くなるにつれて地盤が下がるペースが早くなると考えられています。東日本大震災の前には、岩手県釜石市でも年間約1センチのペースで地盤が下がっていました。日本の他の地域で、北海道東部ほど地盤が急速に下がっているところはありません」(宍倉氏)

 これまで予想されていた巨大地震といえば、東海から九州地方太平洋側の南海トラフのエリアだとされてきた。それが、政府の地震調査委員会も、17年からは千島海溝沿いの巨大地震について「発生が切迫している可能性が高い」と分析し、今後30年以内の発生確率を最大40%としている。

警戒すべきはアルマゲドン地震だけではない。ここ数年は熊本地震(2016年)、大阪北部地震(18年)、北海道胆振東部地震(18年)など、内陸部の直下型地震が相次いでいる。一般的に、内陸部で発生する地震は活断層帯が動くことで発生すると思われているが、それは正確ではない。

「断層が地表にあらわれる規模の地震は、おおよそM6.8以上が目安とされています。裏を返せば、それ以下の大きさの地震は、地層に痕跡が残りづらい。大阪北部地震や北海道胆振東部地震も、既知の活断層帯からやや外れた地域で発生しています。『活断層帯から外れているから地震は心配しないでいい』というのは間違いです」(宍倉氏)

 日本に住んでいる限り、地震から逃れることはできない。そこで必要なのは、日ごろから防災意識を持ち、備えをしっかりしておくことだ。

 現在でも地震によるケガの原因の約30〜50%が、家具類の転倒や落下によるものだ。すべては難しくても、寝室や居間にある家具だけでも固定するだけで効果は大きい。大阪北部地震では、ブロック塀の倒壊で登校中の女児が亡くなった。日ごろから危なそうなブロック塀がある場所を把握しておき、いざという時に近づかないようにしたい。

 強い耐震能力をうたった高層ビルやタワーマンションも多いが、だからといって建物が揺れないわけではない。むしろ、大きな地震の場合は高層の建物がゆっくりと大きな幅で揺れ動く「長周期地震動」が発生する場合がある。家具や家電製品を固定していなければ、ケガの危険だけではなく、ドアをふさがれて逃げ場を失う可能性もある。キャスター付きの冷蔵庫は、部屋の中を速いスピードで動きまわる可能性もある。最新の耐震設計だからといって、安心してはいけない。

 発災後に避難所生活になった後も、注意が必要だ。東日本大震災では18年9月までに災害関連死で3701人が亡くなっている。復興庁の調査では、12年3月までに調査対象1263件のうち51%にあたる638人が避難所での肉体や精神的疲労が原因で亡くなったという。避難所・避難生活学会の水谷嘉浩理事は、避難所での生活のリスクをこう説明する。

2011年3月の東日本大震災による津波で、民宿の上に乗り上げた観光船=岩手・大槌町(c)朝日新聞社
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200101-00000004-sasahi-000-view.jpg

1/3(金) 11:30配信
アエラドット
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00000004-sasahi-soci

59 2020/01/02(木) 12:40:11.52ID:0IwY0WZB0.

イニエスタとかあれだけ走らなくて守備もしなくていいなら小野とか中村俊でも代わりは出来る
ポドルスキー、イニエスタは本当にチームの癌だと思うけどな
周りがどんだけ尻拭いしてると思ってんねん

137:2020/01/05(日) 07:27:40.70ID:sOuZN9Sc0.

専門家が警告、 中朝国境「白頭山」に大噴火の予兆
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12114-56136/

>もう20年以上も前の話だから、「時効」ということで審らかにする。
>当時、私は北京でフラフラしていたが、あるパーティで、中国地震局に
>勤めているという青年と立ち話をした。
>私が何気なく、「来週、雲南省へ遊びに行くのよ」と告げたら、
>彼はとたんに真顔になって、「それは絶対に止めろ」と言う。

>「なぜ?」と問うたら、「われわれ中国地震局から雲南省政府に対して、
>『ここ3カ月以内に巨大地震が雲南省北部を襲う』という警告を出しているからだ」と言う。
>「そんなバカな?」と私は聞き返したが、彼は真顔で「本当だ」と答える。
>でも、私はすでに飛行機や宿の手配をしてしまっていたので、翌週に予定通り、雲南省へ旅行に出かけた。
>だがそこで、20年以上経ったいまでも時折、夢に現れて脂汗をかいて
>飛び起きてしまうほどの、巨大地震に出くわしたのだ。
>それは、30万都市が突然埋まるほどの、恐ろしいものだった。

>その時、中国で知ったのは、「 大地震というものは予知できる 」ということだった。
>その当時、中国地震局の専門家は、私にはっきりと語った。
>「何月何日にどこに大地震が起きるということは、予測できない。
>だが、3カ月以内にどこどこの地域で大地震が起きる可能性が高いという予測は、確実にできる 」

82:2020/01/04(土) 11:24:31.10ID:C41LDxq00.

千島とか根室とか十勝沖とか地震の巣じゃん
知らないとかおまえら馬鹿なの?

45:2020/01/04(土) 08:35:00.50ID:YaEy+Na20.

>>1

次は千葉滋賀佐賀の可能性。

18:2020/01/04(土) 07:27:25.97ID:+V6y0m+C0.

どこだろうと引っ越せりゃ苦労しないわ

15:2020/01/04(土) 07:25:34.62ID:n8WFIvG40.

まあ、日本にいる限り大地震に遭う可能性はどこもほぼ同じリスクと考える
だったら、速やかに救援が届いて復旧が早い地域に住むのが正解

そう考えると東京圏は論外
大都市圏に挟まれた地域の方が、どちらかが無傷な限り手厚い救援を受けられる

92:2020/01/04(土) 12:33:16.61ID:8bLJAzD80.

>>50

東海地震は次期南海地震と同時に来る

134:2020/01/05(日) 05:15:21.56ID:FzvMLa+r0.

>>8

でも必ず当たり馬券は発生するからなあ

12:2020/01/04(土) 07:22:21.61ID:Vyt5PGrs0.

北海道ならなんの影響もない

33:2020/01/04(土) 08:11:59.40ID:4ihFMfq00.

まず明日の天気を100%予想出来るようになってから地震の予測しろ

6:2020/01/04(土) 07:10:11.28ID:sgb/2UvL0.

地震学者は
アホ

118:2020/01/05(日) 01:54:09.77ID:NPbG1b3R0.

1番ヤバいのは原発が複数やられた時の疎開先が南朝鮮て事だな
嫌韓は間違いなく憤死する

110:2020/01/04(土) 16:04:19.47ID:BYe3GjUh0.

>>109

お前、一人で逝け
低脳ゴミジジイ

97:2020/01/04(土) 13:01:41.75ID:gerxK3MY0.

最大でも震度4辺りでちょこちょこ揺れてるのが平和、だからうちの方は大丈夫v

133:2020/01/05(日) 04:43:45.96ID:vKhm4imE0.

北海道の地震や首都直下地震より100倍ヤバい
南海トラフ地震から目を逸らせよう必死すぎる

北海道の地震  犠牲者数 数十人程度
首都直下地震  犠牲者数 数千人程度
南海トラフ地震 犠牲者数 数十万人


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top