<東出昌大>「帰宅拒否症」だった!共演者の「東出さんは自宅に帰るのを嫌がっているんだよね」“理想の夫婦”の哀しい現実

<東出昌大>「帰宅拒否症」だった!共演者の「東出さんは自宅に帰るのを嫌がっているんだよね」“理想の夫婦”の哀しい現実




ピックアップ

1: Egg ★
23日発売の「週刊文春」の報道で明らかになった女優・杏(33)と俳優の東出昌大(31)夫妻の別居生活。同誌によれば原因は東出の浮気で、その相手は2018年9月に公開された東出の主演映画「寝ても覚めても」で不倫関係を演じた唐田えりか(22)。“理想の夫婦”と称された2人は、これからどこに向かうのか。

 杏と東出の間には双子の女児と第3子となる男児の3人の子供がいる。誠実な“イクメン”のイメージで好感度を高めてきた東出は、それが完全に裏目に出て、子育て中の女性から総スカンを食っている。ただ、2人を取材し続けてきた立場から、批判を承知であえて言わせてもらえば、「夫婦関係がこじれた根底に何があったのか」という疑問が浮かぶ。

 2人が結婚したのは15年1月。13年のNHK朝ドラ「ごちそうさん」の共演(夫婦役)で急接近したわけだが、当時10代だった唐田と不倫に走るようなダメ男を最初に見初めたのは杏だった。「ごちそうさん」のキャスティングを知った時、杏は歓喜の声を上げたといわれている。相手役で2歳年下の東出は7年前のパリコレで同じステージに立ったモデル。2人はパリのカフェでお互いの将来の夢について熱く語り合ったといい、杏は顔を赤らめて「運命ってやっぱり存在するんだ……」とスタッフに漏らしたといわれる。そんないきさつもあって、結婚までとんとん拍子で進んだわけだが、現実の結婚生活は甘くなかったようだ。

■家庭の主導権は杏が握っていた

 家庭生活で完全にイニシアチブを握ったのは、役者としてキャリアが上で、しっかり者の杏。夫婦が役者を続けていくために、育児と家事をきっちり分担することを東出に提案したという。

この頃には家族5人で買い物に行く姿が女性誌に報じられたり、テレビのバラエティー番組で3人の子供たちの効率的な入浴方法が紹介されて若い主婦たちの話題になったりもした。これが東出が“イクメン”と呼ばれるきっかけにもなったわけだが、理想の夫を演じ続ける中で彼の心の中に少しずつ“見えないストレス”が蓄積されていったようだ。

 筆者の耳にそんな東出の苦悩を彷彿させる情報が飛び込んできたのは、彼が出演し18年に好視聴率を記録した連ドラ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)の収録を追跡している時だった。

長澤まさみ主演のこのドラマを取材しているとき、偶然共演者の口から耳にしたのは「東出さんは自宅に帰るのを嫌がっているんだよね」という意外な言葉だった。一瞬、「イクメンが帰宅拒否症?」と頭の中が混乱した。

 ところが、張り込み取材を継続していると、確かに東出は自分の収録シーンが終わってもロケ現場に居座り続けている。時系列を遡ると、「コンフィデンスマンJP」の収録時期には、すでに唐田との不倫が始まっていたことになるが、共演していたある俳優はニヤニヤしながら「彼は家に帰りたくない理由があるんだろうね」と漏らしていた。

つづく

1/26(日) 9:26配信 日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-00000005-nkgendai-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200126-00000005-nkgendai-000-1-view.jpgno title

引用元: ・【芸能】<東出昌大>「帰宅拒否症」だった!共演者の「東出さんは自宅に帰るのを嫌がっているんだよね」“理想の夫婦”の哀しい現実


2: Egg ★
■「仕事部屋か欲しい」夫の希望を却下

 今頃になって、ようやくあの言葉の意味が理解できたわけだが、取材過程でこんな証言も耳にした。

「結婚以来、順調に仕事の量を増やす東出が杏に『役者の仕事をまっとうしたいので(自宅とは別に)仕事部屋を借りてもいいかな?』と提案すると、彼女は頑として首を縦に振らなかったそうです。人気俳優が台本読みに集中してセリフを覚えるために仕事部屋を借りるのは珍しくありません。もともと、不器用なタイプの彼が3人の子育てをしながら、その合間に台本を暗記するなんて、よく考えたら無理なはずですが、杏は聞く耳を持ちませんでした。杏の父親の渡辺謙の離婚訴訟は有名な話です。実はこの仕事部屋というのがくせもので、浮気相手との密会に悪用する俳優もいます。それを熟知している杏からすれば到底認められなかったのでしょう」(あるベテラン俳優)

 もちろん、仕事部屋だけが原因だったわけではなかった。“理想の夫婦”の内実は複雑だったようだ。

「東出さんは、帰宅後に杏さんから自らの演技についていろいろと指摘されるのが『心身にこたえる』と漏らしていました。杏さんの指摘は一つ一つが非常に的確で正しい。それは東出さんが普段から気にしているところだったようで、痛いところを突かれた彼は『かなり落ち込む』と打ち上げの席で漏らしていました」(制作会社スタッフ)

 杏からすれば夫を案じた親切心からの“アドバイス”だったのだろうが、東出にとって仕事後も妻から“指導”される家庭は心の底からくつろげる場所だったのだろうか。だからといって東出の愚行が許されるわけではないが、2人の間に根底に構造的な問題がある以上、東出が猛省したからといって夫婦関係がすぐに修復に向かうとは限らない。

4: 名無しさん@恐縮です
ひきこもりネトウヨに爪の垢を煎じて飲ませろ

6: 名無しさん@恐縮です
帰宅拒否棒

7: 名無しさん@恐縮です
お前も子育てしろよクズ男www

8: 名無しさん@恐縮です
子供の面倒みるの嫌だったのか

9: 名無しさん@恐縮です
ちゃんとアドバイスを真剣に聞いてれば棒がマシになってたかもしれないのにアホちゃう

11: 名無しさん@恐縮です
なんだこの白々しい棒の肩持ち記事は

12: 名無しさん@恐縮です
杏がキツイし
子作りの時しかやらせてくれなかったとかw

28: 名無しさん@恐縮です
>>12
不倫始めたの妊娠中だからやらなくて当たり前だろ…

13: 名無しさん@恐縮です
離婚してフリーダムになればいい
賠償金は一人でコツコツ返せ

14: 名無しさん@恐縮です
東出君今やってるドラマは次で殉職だな
「太陽にほえろ」方式で新しい人を登場させれば丸くおさまる?

15: 名無しさん@恐縮です
まあ片方だけに原因があるってことはないわな

16: 名無しさん@恐縮です
つうか杏は芸能人と結婚しない方がいいと思うがなあ

17: 名無しさん@恐縮です
浮気疑惑のある旦那が仕事部屋借りるとか許されるわけないし

18: 名無しさん@恐縮です
種仕込み過ぎて草刈りやらない奴

19: 名無しさん@恐縮です
杏って神経質そうだもん
こういう事態になった原因は杏にもあるんじゃないの

20: 名無しさん@恐縮です
仕事部屋=ヤリ部屋だって察したからだろうがw

21: 名無しさん@恐縮です
まあ関係修復したいってスポンサー向けの大嘘だわな
さっさと離婚したいはずや

22: 名無しさん@恐縮です
杏さんと東出の名前を入れ替えてみたらおかしいこと書いてるのがわかる

23: 名無しさん@恐縮です
杏も態度でっかそう

24: 名無しさん@恐縮です
出しっぱなし

25: 名無しさん@恐縮です
帰宅拒否症でも棒は治らんのか

26: 名無しさん@恐縮です
ベラが怖かったんだね・・

27: 名無しさん@恐縮です
人間としての最低限の義務さえ
果たす気のない人非人の屑は
決まってそう言う。
そういう状況を自ら作り上げて
置きながら。

不倫は刑事罰ではないが、
見捨てられた被害者家族の
一生残る苦痛の涙と屈辱の
トラウマを考えるなら
絶対に許せない、最凶悪の
社会犯罪だよ!

東出と唐には個人的な恨みは
ないが、この際、徹底的に
再起不能なまでに痛めつけて
欲しい。 「広告塔」として。

29: 名無しさん@恐縮です
不倫の理由を押し付けるための杏叩きはじまったか
単発で総出だな

30: 名無しさん@恐縮です
全てのことで東出が100%悪くて杏は完全な被害者なんてありえないからな
夫婦は外野が思ってる以上に色々ある


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top