藤田ニコル、ギャラめぐり母が事務所と対立 裁判も!

藤田ニコル、ギャラめぐり母が事務所と対立 裁判も!




ピックアップ

1: 牛丼 ★
 愛する娘と二人三脚だったはずなのに――。2月20日に22歳になったモデル・藤田ニコルと所属事務所のオスカーとの間に溝が生まれている。その背景に長く芸能活動を支えてきた母の“銭闘”があった。

 ***

 もっとも、藤田ニコルの活躍には舌を巻くばかり。

「若者への人気からテレビで起用されやすいんです」

 とは、芸能記者。

「番組の女性ゲストとして、一番で声がかかるのが彼女。笑いをとるタイプではないんですけど、失言もないしコメントが安定している。何より10代からの絶大な支持を得ていますから」

 ニコルはニュージーランド出身。ロシア人とポーランド人のハーフの父と日本人の母との間に生まれ、幼少時に両親が離婚し、来日。2009年にローティーン誌「nicola」のモデルとしてデビューし、「Popteen」や「ViVi」の専属モデルを務めながら、バラエティ番組に出演するようになった。

 その芸能活動を当初から支えてきたのが、現在47歳の母親である。

 キー局中堅社員が言う。

「母子の仲の良さは有名で、かつては番組でニコル本人が“ママるんです”と紹介したこともあります。母はかつて埼玉県内で飲食店を経営。ステージママでもあり、収録現場にも時折姿を見せ、マネージャー的な役割も果たしていたのです」

 ところが、その母子関係に異変が生じている。

「昨年から、お母さんの姿を現場で見かけなくなったんです。以前から所属事務所のオスカーのマネージャーはついています。ただ、時にお母さんが来て、あれこれと差配していたのですが、ここ最近はぱったり見なくなって……」(同)

 そのことが様々な憶測を呼んでいる。

 この中堅社員が続ける。

「ニコルが母を遠ざけようとしているのでは、と言われています。今まで母子べったりでしたから、反抗期とでも言うべきでしょうか」

裁判も辞さず

 一方、ある芸能事務所幹部はオスカーとトラブルになっていた、と明かす。

「昨年から事務所と本人のギャラの取り分について、揉めていたようです。具体的には、本人の取り分を減らし、事務所分を増やすというものだった。ニコルが多忙になるにつれ、マネージャーなどスタッフの人件費が嵩むようになっていたからです」

 それに猛反発したのがほかならぬ母だったという。

「一時は事務所を相手取り、裁判も辞さず、という構えで、オスカーは頭を抱えていました」(同)

 コトの真偽について、事務所に尋ねると、

「事実ではありません」

 と言うものの、この芸能事務所幹部は、

「解決に向け、話し合いがなされていました。母が現場に来なくなったのも、そういう理由があるのでは」

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が指摘する。

「仮に子どもが売れっ子になると、その親は“これだけ働いて、これしかもらえないのか”と疑問に感じてしまう。ただ、売り出すための人件費やレッスンなど初期投資は巨額です。事務所はそれを回収しなければならないのに、親が理解できず、トラブルになるケースが多いですね」

 芸能界で成功するには、母離れも必要なのだろう。

「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00610806-shincho-ent


引用元: ・藤田ニコル、ギャラめぐり母が事務所と対立 裁判も!


3: 名無しさん@恐縮です
可愛いだけはすぐに飽きられる

>>3
え?

4: 名無しさん@恐縮です
鈴木あみコース

5: 名無しさん@恐縮です
鈴木亜美かよ

6: 名無しさん@恐縮です
親が口出すと干されるパターン

7: 名無しさん@恐縮です
よくよく読んでみたらオスカーが阿漕

8: 名無しさん@恐縮です
>ロシア人とポーランド人のハーフの父と日本人の母

日本人は、母の方でした 母の方でした 母の方でした

9: 名無しさん@恐縮です
市井何某みてえだな元モムスの

10: 名無しさん@恐縮です
市井コース

11: 名無しさん@恐縮です
がめつさが娘の顔にも出てる

12: 名無しさん@恐縮です
またオスカーか。

13: 名無しさん@恐縮です
深夜ラジオリスナーでラジオ局の出待ちしていることで有名なニコるんママか

14: 名無しさん@恐縮です
本人の力だけで仕事できるってんならそもそも事務所に所属する必要ないしな


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top