「ガチンコ!ファイトクラブ」で存在感 網野泰寛さんの今

「ガチンコ!ファイトクラブ」で存在感 網野泰寛さんの今




ピックアップ

1: 砂漠のマスカレード ★
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=Cnv1Iz-QGv8&list=RDQMojNBNJIp_3I&start_radio=1

Aztec Camera – The Belle Of The Ball

【あの人は今こうしている】

「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

網野泰寛さん(42歳)

TOKIOの司会で一世を風靡した人気バラエティー番組「ガチンコ!」(1999~2003年、TBS系)。
中でも00年開始の竹原慎二さんがコーチ役で不良をプロボクサーに育てる「ガチンコ!ファイトクラブ」は番組の代名詞とも言える企画だった。
本日登場の網野泰寛さんは、第1期生でもひときわ目立つ存在。あれから20年、今、どうしているのか?

 ◇  ◇  ◇

横浜市港南区。
網野さんと待ち合わせたのはJR根岸線・港南台駅前だった。約束の時間の少し前にシルバーのベンツが滑り込んできた。網野さんだ。

助手席に乗って向かったのは瀟洒な家々が整然と並ぶ住宅街。案内されたのは有限会社「アミノ」のアトリエだ。

「母が代表なんですが、生花のアレンジメントやタイ産の花を使ったソラフラワー、トロッケンゲシュテック(ドイツ装花)の販売とスクール、国内外の各種イベント企画・制作・運営を行っています。
特に力を入れているのは、生花や葉を特殊液で加工するプリザーブドフラワー。母が日本でのパイオニアで、協会の会長兼全国協議会副会長なんです。僕は取締役として母をサポートしています」

10畳ほどのアトリエには、色とりどりの作品がショールームのように並んでいる。

「プリザーブドフラワーの特徴は、年単位の長期にわたり飾れること。結婚式のブーケを加工して記念品にするとか用途は広いんですよ。詳細はHPを」

他にも、エチオピア産のバラやモカコーヒーの輸入、現地でのプリザーブドフラワー工場建設など、海外進出計画もあるという。

「父が開発に携わった有機液体肥料事業も有力です。この肥料は環境に優しく2割近い増産が可能なので、発展途上国の貧困脱出のカギを握るかもしれません」

取材時はスーツではなかったが、プレゼンはビジネスマンそのものだった。

https://news.livedoor.com/article/detail/17899364/
2020年3月2日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


引用元: ・【芸能】「ガチンコ!ファイトクラブ」で存在感 網野泰寛さんの今


2: 名無しさん@恐縮です
小林よしのり?

3: 名無しさん@恐縮です
元々金持ちの子だったんだろ?

4: 砂漠のマスカレード ★
さて、網野さんは1977年5月29日、千葉県生まれ。
2人兄弟の長男として育ち、大手総合商社勤務の父親の転勤で、小学生時代はドイツの商業都市・デュッセルドルフで過ごした。

中学進学時に帰国し横浜へ。入学したのは“神奈川県男子ご三家”の一つ栄光学園。
東大はじめ難関校への進学率が高い、名門中高一貫校だ。

「僕は異端児でしたね。愛読書は藤沢とおるさんの『湘南純愛組!』とか森田まさのりさんの『ろくでなしBLUES』といったヤンチャ系コミック。

高校から金髪で腕力自慢。ウチの生徒をカツアゲにくるワルたちとバチバチ喧嘩してました。
校長先生いわく、『前代未聞の生徒。対処法がわかりません』」(笑い)

立教大学へ進学後、「ヤンチャさ加減がピッタリ」と知人の紹介で受けたのが「ガチンコ!ファイトクラブ」のオーディションだった。

「TOKIOの皆さんこそ名前と顔は一致してましたが、ボクシングに興味がなかったから竹原(慎二)さんは『このオッさん、誰?』って感じ。
番組が始まってからですよ、ミドル級の世界チャンプだったって知ったのは。
でも、いざ立ち向かうと半端ない。強さがもろに伝わってきてヤバかった」

■「バラエティーですから台本があった」

何かと話題になった“ヤラセ”は?

「バラエティーですから台本があってストーリーができてました。
ただ、ロケの15分前に渡されるので、ほぼブッツケ本番。
セリフを覚えられるのが僕しかいなかったから、どうしても目立っちゃった。
ナイフを振り回しての乱闘ってのも実際にありましたしね。もちろん放送NG(笑い)。
竹原さんとは、番組上だけでなく普段から犬猿の仲でした」

元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎さんとのロケも忘れられない。

「僕はやられたらやり返すつもりでいたから、初対面の時はスタンガンを隠し持っていました。使うことがなかったのはお互い、良かったんじゃないですか。アハハハハ」

番組卒業後はタレント、飲食店経営を経験。
グラドルの根本はるみさんとのデュエットで歌手デビューしたのは06年だった。

プライベートでは、18年1月1日に結婚。ブログを見ると、奥さんは超美人。読むのが照れるくらい、メロメロの様子がつづられている。

一方、YouTubeでパチスロチャンネル「ガチプロファイトクラブ」「ガチンコ網野泰寛」をスタートした。

「パチスロで3000万円ほど負けているので、スロット界のレジェンド・しのけんさんをコーチに迎え、勝ち組に育ててもらおうって番組と日常を紹介している番組です。まあ見てやってください」

5: 名無しさん@恐縮です
え?キャラでヤンキーやってた大学生の役者だろ?

6: 名無しさん@恐縮です
ホモか?

7: 名無しさん@恐縮です
テレビにおけるヤラセを
大々的に世間に広めた功績者だか

8: 名無しさん@恐縮です
スロットやめたの?

9: 名無しさん@恐縮です
ガチンコは川口浩探検隊の流れを引き継ぐ番組だったな

10: 名無しさん@恐縮です
水ください

11: 名無しさん@恐縮です
肥えたが元がイケメンだからみれるな

12: 名無しさん@恐縮です
そのまんまおっさんになっとる
当時はそこそこイケメンで人気あったな

13: 名無しさん@恐縮です
しのけんとよくスロ打ってんじゃんw

14: 名無しさん@恐縮です
ただのボンボンが役者志望してただけって

全然面白くないからどうでもいい

15: 名無しさん@恐縮です
最高に面白かったヤラセ番組
どうせヤラセやるなら ここまで徹底してほしい


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top