IKKOが20年闘っている病…克服のカギは「大丈夫」 「今考えればいい勉強だった」





IKKOが20年闘っている病…克服のカギは「大丈夫」 「今考えればいい勉強だった」

広告




ピックアップ





1: 砂漠のマスカレード ★
美容家でタレントのIKKO(58)が2日放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演、自らが39歳の時に発症したパニック障害について語った。

最初の兆候は首の強い張りだった。今までに感じた事のない不調だったため、病院に向かったが、乗った車が渋滞にはまると症状はどんどん悪化。血圧が200超まで上がり即入院となった。1週間で退院したが、電話の呼び出し音を聞いたり、ホテルに宿泊する時もエレベーターで上階に向かう時、地下に降りると呼吸困難などの症状に襲われることが続いた。

当時IKKOは1日4~5本の仕事を掛け持ちしていたため、病院に行く暇がなかったが、このままでは仕事に支障が出る…と意を決して心療内科を訪問。そこで「パニック障害かもしれません」と告げられたという。IKKOはこの日共演した和田アキ子(69)も認める「気づかいの人」。完璧主義のため、それがストレスをため、パニック障害を発症する要因の一つとなってしまったようだ。

パニック障害は突然訪れる恐怖感や強い不安によって、激しい動悸、めまい、呼吸困難などの発作が起き、繰り返されるという。脳から分泌されるホルモン、セロトニンが減少することが要因のひとつと言われ、患者数は24年前からおよそ10倍と急増。約100人に1人が発症するという。近年ではKing&Princeの岩橋玄樹(23)、歌手、女優として活躍する女優の大場久美子(60)、中川家の兄・剛(49)や、女優の比企理恵(54)、タレントの釈由美子(41)らもパニック障害を告白している。

IKKOは、ある医師から「お守りをあげますね」と「大丈夫」と書いた紙をもらい「絶対に焦らないで、大丈夫、大丈夫と思ってください。気持ちを楽に持つことがすごく大切なんですよ」と言われ、その言葉で克服したという。現在はほぼ完治したが、突然の発作に備え、薬を常備「自分の技量以上のことをやろうとしちゃったのかな。今考えればいい勉強だった。絶対に焦らずに大丈夫、大丈夫ってやることが大事だったかな」と語った。

https://news.livedoor.com/article/detail/17903090/
2020年3月2日 21時53分 スポニチアネックス


引用元: ・【芸能】IKKOが20年闘っている病…克服のカギは「大丈夫」 「今考えればいい勉強だった」


3: 名無しさん@恐縮です
色即是空、まぼろし~と唱えろ

4: 名無しさん@恐縮です
ikko

6: 名無しさん@恐縮です
芸能人ってやたらとパニック障害とか難聴とか多い気がするけど
周りには分からないし同情誘えるから適当に言ってるだけだろ

8: 名無しさん@恐縮です
自律神経が乱れるとパニック障害を起こしやすいよな
自律神経が乱れたら死を覚悟する症状が頻発するからね
でも自律神経のプロになってくるとまたかってなってパニックにならなくなっていく

9: 名無しさん@恐縮です
パニック~~~(^^♪

11: 名無しさん@恐縮です
玉IKKO

12: 名無しさん@恐縮です
電車乗るの怖い
もう永遠に扉が開かないんじゃないかと思うくらいの恐怖

13: 名無しさん@恐縮です
パニック障害であんなバラエティとかやってた大丈夫なの?

14: 名無しさん@恐縮です
筋肉少女帯でも聴いとけ

合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top