東出昌大、アポ無しで帰宅 杏が拒否して家には入れず





東出昌大、アポ無しで帰宅 杏が拒否して家には入れず

広告




ピックアップ





1: muffin ★
https://www.news-postseven.com/archives/20200305_1546414.html
2020.03.05 07:00

2月中旬の深夜、静まり返った都内の住宅街で、大きな“影”が揺れていた。黒っぽいニット帽とメガネ、そしてしっかりとマスクをつけた“完全防備”は、新型コロナウイルス対策だけが理由ではない。彼の場合は、顔を隠すという重要な意味がある。この姿は誰にも見られたくない──。“自宅”周辺を所在なげに歩く東出昌大(32才)の胸には、そんな思いがあったのかもしれない。

「家をのぞき込んでいる人がいたから不審者かと思ったら、東出さんだったので驚きました。不倫騒動後はもちろん、今年に入ってから一切姿を見ていませんでしたから。東出さん、自宅に入れなかったんでしょうね。外から家をのぞいていたものの、しばらくしていなくなりました」(近隣住民)

1月下旬、『週刊文春』に女優・唐田えりか(22才)との不倫を報じられて以降、東出の生活は一変した。

「現在放送中の主演ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)のインスタグラムでは、ほかの出演者の写真はアップされるのに、東出さんの写真はなし。CMも相次いで降板となり、クライアントから巨額の賠償請求を受けるという報道もあります。俳優生命が窮地なのは言うまでもありません」(テレビ局関係者)

妻の杏(33才)は東出の不貞に傷つき、夫を自宅から追い出した。いまも東出はマンスリーマンションで生活しているという。

「東出さんは直接会って謝りたいと訴えていたようですが、電話にも出てもらえず、LINEもブロックされたのでしょう。頼みの綱のメールにも、返信はほとんどないそうです」(芸能関係者)

冒頭のシーンは、東出が妻子の住む家に“帰宅”したときの様子だった。連絡を拒否された彼がとった最後の手段が、“アポなし突撃”だったわけだが、家に入ることは叶わなかったようだ。

「文春の報道後、杏さんはお子さんを連れて海外に“避難”していました。東出さんは帰国のタイミングを見計らって突撃したようです。彼は、ヨリを戻したいそうですが、それ以前に直接会って謝りたいと心から願っていました。しかし、杏さんには“突然来るのはルール違反”という思いがあるのか、家の中には入れなかったようです」(前出・芸能関係者)

一方、杏は2月18日に文化庁主催のイベントに登場し、騒動について初めて言及。その際、左手薬指の指輪がなかったことから「離婚一直線」とも報じられたが…。

「彼女はもともと公の場では指輪をしないことも多かった。指輪がないだけで、離婚を決断とは言えないでしょう」(広告代理店関係者)

直接謝ることすらできない東出だが、間もなく話し合いの場が設けられるという。東出の知人が明かす。

「『ケイジとケンジ』がクランクアップするので、やっと話し合いが始まるそうです。どんな方向に話がいくのかはわかりませんが、東出さんは相当な覚悟で臨むようです。謝罪や反省の姿勢を示すのは当然ですが、彼は私生活もあらためる必要がある。

東出さんはお酒を飲むとわれを忘れてしまうときがあります。泥酔して見知らぬ女性をナンパしたり、前後不覚になって酔いつぶれることも…それが杏さんの悩みの種でもあったようです。自分を律することができない甘さが不倫につながったと指摘する人もいる。東出さんは“断酒”をして、頭を丸めて土下座するほどの気持ちだと思います」

正々堂々と自宅に帰れる日が来るのだろうか。

※女性セブン2020年3月19日号


引用元: ・【週刊誌】東出昌大、アポ無しで帰宅 杏が拒否して家には入れず


2: 名無しさん@恐縮です
不審者
3: 名無しさん@恐縮です
コントか
4: 名無しさん@恐縮です
最低な女だな
5: 名無しさん@恐縮です
義父の家に行けよ。うまい酒が飲めるぞ
6: 名無しさん@恐縮です
杏は血も涙もないのか
8: 名無しさん@恐縮です
カギ変えられたのかw
9: 名無しさん@恐縮です
ここまでやるならさっさと離婚しろよ
10: 名無しさん@恐縮です
住居侵入で逮捕案件
11: 名無しさん@恐縮です
杏ってババアは何で被害者ぶってるんだ?
12: 名無しさん@恐縮です
不審者を見てる不審者
13: 名無しさん@恐縮です
入れてやればいいのに
14: 名無しさん@恐縮です
ワロタ
杏の嫁という以外なんの取り柄も無いデグの棒
合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top