鈴木蘭々、人気絶頂期の苦悩・“相棒” 安室奈美恵との確執、突然の留学を語る





鈴木蘭々、人気絶頂期の苦悩・“相棒” 安室奈美恵との確執、突然の留学を語る

広告




ピックアップ





1: 牛丼 ★
どんな質問にも終始笑顔で答えてくれた鈴木蘭々。会社のことについて語る際は真剣な表情に
かつて世間の注目を集めた有名人に、「あの騒動の真っ最中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。当事者だから見えた景色、聞こえてきた声、そして当時、言えなかった本音とは……。第4回は’94年の『ポンキッキーズ』(フジ系)でスターダムを駆けのぼった鈴木蘭々。その後も多くのテレビ番組やCMに引っ張りだこだったにもかかわらず、ある時期から姿を消した。お茶の間の人気者が、ひそかに抱えていた“苦悩”とは―。

「2年半の間、1日も休みがないこともありました。年末年始も特番の収録で仕事があり、今より生放送が多かったので、大変でしたね」

 鈴木蘭々(44)は、笑顔で当時のことを懐かしむ。

『ポンキッキーズ』のハードな裏側

 ’94年に放送された子ども向けのバラエティー番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)で、安室奈美恵とうさぎの着ぐるみを着た『シスターラビッツ』として出演したことを機に、大ブレイクした。

「ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで一躍、お茶の間の人気者に。’95年には『泣かないぞェ』で歌手デビューし、10社以上のテレビCMに出演しました」(スポーツ紙記者)

 そんな人気者は、多忙な日々を送っていた。

「まだ10代だった『ポンキッキーズ』初期のころは、緑や青の背景の前で撮影して、後で別の映像と合成するクロマキーセットを使った撮影が大変でした。

 合成写真は緑が背景の何もない場所で、何かあるような感じで芝居をしなければならなかったのですが、その色合わせの調整に時間がかかり、朝4時になってしまうこともありました」

 ハードスケジュールでも疲れた様子は見せていなかったが、裏側ではこんな本音も。

「番組の中で、トレジャー号というメリーゴーラウンドの乗り物に乗って、みんなが元気になる種を探しに行く企画があったのですが、“やっている私たちのほうが元気の種欲しいよ”と思っていました(笑)」
 ★続きまーす
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200308-00017323-jprime-ent


引用元: ・【話題】鈴木蘭々、人気絶頂期の苦悩・“相棒” 安室奈美恵との確執、突然の留学を語る


4: 名無しさん@恐縮です
>>1
鈴木蘭々は可愛かった

2: 名無しさん@恐縮です
鈴木蘭々(44)

3: 名無しさん@恐縮です
(´・ω・`)らんらん

6: 名無しさん@恐縮です
リンリンランランの現在

7: 名無しさん@恐縮です
泣かないぞえ?当たり前

8: 名無しさん@恐縮です
負けないゾェ

9: 名無しさん@恐縮です
湘南女子寮の蘭々だな

10: 名無しさん@恐縮です
りーんりーんーらーんーらーんそーせェじ(´・ω・`)

11: 名無しさん@恐縮です
泣かないぞェは名曲

12: 名無しさん@恐縮です
俺は蘭々派だったけどね

13: 名無しさん@恐縮です
泣かないぞェ

14: 名無しさん@恐縮です
知らねー

15: 名無しさん@恐縮です
キャラが千秋と被っていた


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top