<なぜ阪神は藤浪ら新型コロナ「陽性」を3人も出してしまったのか?>危機管理体制が欠如していたと指摘されても仕方がない





<なぜ阪神は藤浪ら新型コロナ「陽性」を3人も出してしまったのか?>危機管理体制が欠如していたと指摘されても仕方がない

広告




ピックアップ





1: Egg ★
阪神が27日、藤浪晋太郎(25)、伊藤隼太(30)、長坂拳弥(25)の3人が新型コロナウイルスのPCR検査を受け陽性判定が確定したことを発表した。3人に、発熱、咳、倦怠感などの症状はないが、味覚、嗅覚の部分でまだ症状が残っているため入院措置が取られた。現時点では、3人以外の選手、チーム関係者、家族らに異常を訴える者は出ていない。

 阪神の揚塩健治球団社長は同日、甲子園球場の室内練習場で新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して、スポーツ紙、一般紙、放送の幹事だけに限った少人数の代表取材を受け、藤浪、伊藤、長坂らは14日に他選手4人を含む7人で知人宅を訪れ、球団関係者ではない外部の5人と計12人で会食したこと、藤浪が、今後、社会への啓蒙になればと、実名公表を申し出た事実などを明らかにした。

 問題は14日に行われた12人の会食だろう。 
 週末の「外出自粛要請」を出した東京都は「密閉」「密集」「密接」の“3つの密“を避けることを都民に求めたが、この14日の会食は、まさに”3つの密“が重なった場所である。

 藤浪、伊藤、長坂が感染したのが、この会食の場だったか、どうかについて揚塩社長は、「まだ確定も限定もしていない」とコメント。まだ感染経路も、この会食が”発生源”だったかどうかも判明していない。たとえ、この会食が無関係だったとしても、開幕の時期が確定せず、無観客試合が続いていた状況下で感染リスクが高いため、注意喚起されていた”3つの密”が成立する場所に出入りした行動自体が問題だ。
 
 NPBとJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家チームがまとめた提言書でも「新型コロナウイルスの感染を促進する“3要因”」として(1)多くの方が集まる状況での濃厚接触 (手が届く範囲での交流)、(2)近距離での咳・くしゃみ、おしゃべり、発声、(3)換気の悪い密閉空間の3点を指摘していた。

 会食が行われた知人宅の換気がどうだったかは定かではないが、結果的に提言書が注意している“3要因”にあたる場所に出入りしてしまったのだから、行動は自己責任とはいえ、球団の選手への啓発の徹底を含む危機管理体制が欠如していたと指摘されても仕方がない。
 提言書では、選手、チーム関係者、家族への教育・啓発、意識改革が必要だとも強調されている。

つづく

3/28(土) 6:30配信 THE PAGES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010001-wordleafs-base

写真no title


引用元: ・【プロ野球】<なぜ阪神は藤浪ら新型コロナ「陽性」を3人も出してしまったのか?>危機管理体制が欠如していたと指摘されても仕方がない


2: Egg ★
しかも、阪神は外出禁止令を出していなかった。球団によっては、外出禁止措置を厳格に打ち出しているチームもあったが、阪神の場合、あくまでも「不要不急の外出は自粛しなさい」に留まっていた。確かに専門家チームが作成した提言書では、「出来るだけ人ごみを避ける(人ごみに入る場合にはマスク着用)」とあり、外出禁止までの厳しい管理は求めていなかった。

 外出禁止措置を取っていなかった阪神の危機管理体制は責められるべきではないが、感染リスクの高い“3つの密”が揃った場所への出入りを行わない意識の徹底については欠如していたと言わざるを得ない。1軍では注意深くチェックされていたのかもしれないが、それはファームにまで行き届いてはいなかった。

 揚塩社長も、「もう少し厳しく外出禁止というふうな形で臨んでいた方が良かったかという反省もあります。結果的にこのようになりましたので、大変申し訳なく思っております」と“猛省“していたが、球団として危機管理体制の見直しは必要だろう。

 もちろん「不要不急」でもないのに、結果として“3つの密”の場所に出入りした、この3人を含む7人の選手に認識の甘さがあったことも否定できない。

 一方で、藤浪の勇気は、社会への大きな啓蒙になった。嗅覚に異常を感じた21日に、すぐにトレーナーに報告し、PCR検査を受ける段になって、「初期症状として、今まで情報になかった嗅覚、味覚の異常というものが起こることを多くのファン方、多くのみなさんに分かっていただく機会にもなるんじゃないか」と、実名公表を申し出た。

 藤浪と合同トレーニングを行った経験もあるダルビッシュ有がツイッターで「嗅覚がおかしいってだけで名乗り出た藤浪選手はすごいと思う。 情報収集している証拠やし、自分の身体に敏感な証拠。 関係者の感染リスクもかなり抑えられたはず。 俺やったら1週間嗅覚バグってても気づかなそう」と絶賛した。

 実際、Jリーグも藤浪の行動から「隠さない勇気」の重要性を再確認するなど、その勇気に早くも波及効果が生まれている。SNS上でも「嗅覚、味覚に兆候があらわれることは知らなかった。参考になった」という意見が多く見られた。
 また藤浪の実名が最初にメディアに出たことで、藤浪が感染の“発生源“のように誤解されているが、現段階では、”発生源“も感染経路も判明していない。

 阪神は、施設の消毒、球団事務所、クラブハウスの閉鎖、チーム関係者の1週間の自宅待機など、敏速に打てる手はすべて打った。現在「陽性」反応が出た3人の濃厚接触者の洗い出し作業が行われているが、今後、2次感染、3次感染と拡大、クラスター感染に発展する危険性は消えていない。首都圏で一斉に出された不要不急の外出自粛要請を受けて、西武、ロッテ、ヤクルトなど在京球団は、練習、練習試合を中止とし、選手、コーチらの自宅待機、活動停止を決定している。
 なぜ阪神に陽性反応者が出たのか、という経緯と理由を正しく検証し、球界だけでなくスポーツ界全体で共有することが必要だろう。

6: 名無しさん@恐縮です
外出禁止はしない、あえてね

7: 名無しさん@恐縮です
あと1週間もすれば、そこら中で発生することになるかもな。
絶対に避けたいけど。

8: 名無しさん@恐縮です
阪神はチーム解散してお詫びしろよ

9: 名無しさん@恐縮です
これだと開幕は無理だな
まして観客を入れるなんてもってのほかだ

10: 名無しさん@恐縮です
バースの再来と毎年のように連呼してるせい

21: 名無しさん@恐縮です
阪神を取材してた記者は隔離しないの?

29: 名無しさん@恐縮です
>>21
@MBSラジオ
3月24日(火) 20時~ 市川いずみのベースボールパークEXトラ!

市川いずみ
「実況アナウンサーの皆さんって、今の時期はどうされてるんですか?」

MBS金山アナ
『あの~ ほとんど仕事が無いので、ニュース読んだりとか、今日は鳴尾浜に取材に行って来たりもしたんですけどもね』

24日、藤浪は甲子園にいたけど、長坂、伊藤隼は鳴尾浜にいた。
もし仮に金山アナがこの2人に取材していたら、濃厚接触者になる可能性が高い。
ちゃんと隔離しておかないと、梅田茶屋町のMBS全体に広がりそう。

23: 名無しさん@恐縮です
合コンだろ

24: 名無しさん@恐縮です
陽性を1000人以上出した日本政府の危機管理能力の欠如を
阪神タイガースより先に責めるべきだと思うけど
野球嫌いや阪神嫌いはそこまで頭が回らないのだろう

25: 名無しさん@恐縮です
風俗に行っちゃってたの?

26: 名無しさん@恐縮です
スポーツ選手のくせにヤニカスだから馬鹿なんだろう

27: 名無しさん@恐縮です
それはエロい会合なの?

28: 名無しさん@恐縮です
>>5
ば~か

野球脳筋は考えることが出来ないほどバカだから具体的に強制しないとダメ。

30: 名無しさん@恐縮です
阪神に何を期待しているんだよ
そもそも野球選手は頭が悪いんだからウィルスどうこうなんて理解出来ないだろ


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top