スピードワゴン小沢一敬の実弟「不仲の兄」との和解を告白





スピードワゴン小沢一敬の実弟「不仲の兄」との和解を告白

広告




ピックアップ





1: 砂漠のマスカレード ★
no title

頼仁氏と、ともに取材に応じた母・君子さん

3月24日、愛知県庁で、政治団体の起ち上げ会見が開かれた。その名も「愛地球党」。代表で、化粧品会社社長の小澤頼仁氏(43)は、じつはお笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(46)の実弟だ。

だが、兄は政治団体の起ち上げを一切知らず、7年以上会話もしていないという……。

「『話したいことがある』と伝えようと思って、電話をかけたが繋がらなかった。折り返しは来ていません」(頼仁氏)

兄弟のあいだに、なにがあったのか。愛知県東海市にある「愛地球党」事務所で、頼仁氏がインタビューに応じてくれた。

「僕は2006年に会社を設立して、2011年の東日本大震災では、支援物資を現地に届けたりしてきました。化粧品会社といっても、近年は “心の病” を治すために、電磁波を軽減させる商品なども売っています」

記者が「スピリチュアルな話ですか?」と聞くと、「違います」と否定しつつ、続けた。

「2012年からは、ヒーリング活動も始めました。“手技” によるヒーリング治療です。話を聞けば、その人の体の悪いところがわかる。それを僕の手で “取って” よくします。

今では病気だけでなく、人間関係や生き方、仕事の相談なども受けるようになりました。そこでわかったのが、『地球環境がよくならない限り、本当の意味で、人は健康になれない』ということだったんです」

そのために2020年2月、「政治の世界に飛び込むことを決めた」と頼仁氏は話す。「愛地球党」が掲げる、おもな政策は以下の4つだ。

(1)国会議員を半数、議員給与を半額にして社会福祉費に充てる
(2)教育やメディアの改革を進める
(3)医療、農業、自衛隊などの社会改革を図る
(4)最終的には「世界同時軍縮」を目指す

頼仁氏は、壮大な将来像を語る。

「僕が目指すのは、『地球をよくしたい』ということ。いつか民族や宗教同士の争いをなくし、国境が要らなくなるような地球にしたい」

すでに頼仁氏は、名古屋と新宿で街頭演説にも挑戦した。

「名古屋では恥ずかしくて、途中でなにを言っているかわからなくなりましたね。後日、新宿でも演説したのですが、その日、僕は雨を止めることができたんですよ。天気予報では降水確率100%だったんですが、一滴も降らなかった」

そんな頼仁氏にとって、兄はどんな存在だったのか。

「小さいころは、お兄ちゃんの “冒険譚” を、よく聞かされていました。お兄ちゃんは、『この小学校には秘密基地があって、そこのトップは○○君だ。だからあいつはいちばん怖い』なんて話をするのがうまくて。

僕は、なにも知らないふりをして、『えっ、そうなの!?』って驚いていました」

その後、2人は別の道を歩むことになる。兄は高校を中退し、お笑いの世界へ。一方の頼仁氏は大学を卒業後、高校教師を経て、いまの活動へとたどり着く。

https://news.livedoor.com/article/detail/18141867/
2020年4月19日 6時0分 Smart FLASH

no title

頼仁氏の兄・スピードワゴンの小沢一敬


引用元: ・【芸能】スピードワゴン小沢一敬の実弟「不仲の兄」との和解を告白





2: 砂漠のマスカレード ★
じつは頼仁氏の活動の根底には、2人の母親・君子さん(80)が長年続けてきた社会活動の影響があった。君子さんが語る。

「私はかつて、あるボランティア団体に関わっていて、そこで環境のことや、いまの地球がどうなっているかという話を聞いたんです。

 そうすると、『私たち大人が地球を破壊しているのだから、これからの子供たちには、よい地球を残したい』と思うようになりました」

 頼仁氏も、「母のそういう願いが伝わりました」と話す。君子さんは現在、頼仁氏の化粧品会社の専務を務め、いわば一心同体。また、姉も社員として働き、2人とも頼仁氏の政治活動を支えている。

「社長(頼仁氏)の姿を見ていると、『日本を変えたいという覚悟が、今年になってから、いちだんと増しているな』とわかりますよね。いまの国民は、ご馳走してくれたとか、就職を斡旋してくれたとか、そういう人にばかり票を入れます。

 そういう政治を見ていると、日本は寂しい。社長が政治活動を始めるには、『今がいちばんいいタイミングかな』って思いましたね」(君子さん)

 母が次男を “慕う” 一方で、兄弟間には長い断絶があった。

「僕が会社を設立する前、兄と一緒にラジオ番組に出たりしたことはあります。もう16年ぐらい前じゃないですか。でも、会社を設立してからは、テレビもラジオも、まったくつけてません」(頼仁氏)

 兄が番組の中で、弟について話すことがあったというが、いい思い出ではなさそうだ。

「化粧品会社をやっていることなどを、茶化して言っていますから。お笑いのネタとして言われていたようです」

 昨年は、兄弟の父親の十三回忌がおこなわれた。だが、ここでも2人が会うことはなかったという。

「すれ違いでしたね。向こうは仕事が忙しく、法要には、僕とは別に出席したみたいです」

 頼仁氏が政治活動をおこなうことで、兄には影響はないのかと聞くと、こう話した。

「まあ、兄に影響が出ても、お互いさまですよ。僕らは、もっと影響を受けていますからね。僕が政治や地球の話をしていても、『スピードワゴンの弟』としか見てもらえないことがありました」

 だが、兄・一敬は、母の君子さんには毎日のようにメールを送ってくるという。

「(一敬は)元気で頑張ってくれているから。芸能界にとどまらず、皆さんによくしていただいて、ありがたいなと思います。

 社長が政党を作ったことは、まだ言ってないです。きちっと話せばわかると思いますよ。私には、『体に気をつけてやってくれ』『長生きしてくれ』と言ってくれますね」(君子さん)

 母親にとっては、2人ともかわいい息子に違いない。だが、その息子同士の距離は……。

「兄との関係は、実際には遠いですよ。でも会ってなくても、僕はいつもエールを送ってはいます。健康で、元気でやってていただければ。無事がなによりの便りです。

 僕は、兄との仲はいいと思っているんですよ。兄に迷惑がかからないように、努力しています」

 後日、本誌の取材がきっかけになったのか、頼仁氏から「兄と電話で話しました」と連絡があった。

「僕が『党を起ち上げて、迷惑をかける』と言うと、兄は『お互いさまだから、気にしないように。今度、コロナ騒動が収まったら、また家族で会おう』と。

 政治活動の応援を、兄にお願いするつもりはないですが、『大変だから頑張れ』と言ってくれて、よかったです」

(週刊FLASH 2020年4月28日号)

3: 名無しさん@恐縮です
やばーい

6: 名無しさん@恐縮です
マヤ旦那みたい

7: 名無しさん@恐縮です
そりゃ距離置くわ

8: 名無しさん@恐縮です
兄貴が距離置いた理由がよくわかったよ・・・

9: 名無しさん@恐縮です
危険な匂い

10: 名無しさん@恐縮です
やばい奴すぎてワロタ
不仲云々じゃなくて関わりたくないだけだろ

20: 名無しさん@恐縮です
ドクタードルフィンといいレベル。
こんなんばっかだな。

21: 名無しさん@恐縮です
>>11
>母親と弟が電波なのか…
>可愛そうに

ほんと同情するなあ。
逃げろ逃げろ。
これは縁を切っても許されるわ。

22: 名無しさん@恐縮です
電磁波
手をかざすヒーリング

あっ・・・

23: 名無しさん@恐縮です
ヒーリングとかそういう系の人が政治活動か
愛知界隈で大人しくしていてね

24: 名無しさん@恐縮です
いつか何かしらの騒動を起こして世間を騒がすタイプだね

25: 名無しさん@恐縮です
記事だけで「答え合わせ」完了、ってオチが笑い取りに来る

26: 名無しさん@恐縮です
小沢逃げた方がいいよ

27: 名無しさん@恐縮です
感応精神病
地球を良くする前にまずは病院に行こう!

28: 名無しさん@恐縮です
うちの母親もどこから調べたか知らんが
手をかざすだけで病気が治る新興宗教に入って
無農薬野菜やらEM菌?やらにハマってる
救いたいくてももうどうしていいかわからない。
面倒になりこっちに金その他で迷惑かけないなら勝手にすればいい、で妥協してしまう。
小沢の気持ちがわかる。

29: 名無しさん@恐縮です
小沢可哀想

30: 名無しさん@恐縮です
化粧品とか健康食品系はやべー


合わせて見たい




広告




シェアする

フォローする

広告




Top