【プロレス】ジャンボ鶴田とは何者だったのか…没後20年、決定版評伝の著者に聞く

【プロレス】ジャンボ鶴田とは何者だったのか…没後20年、決定版評伝の著者に聞く




ピックアップ

1: 砂漠のマスカレード ★
最強のプロレスラーを語る時に必ずその名が挙がる怪物・ジャンボ鶴田が2000年5月13日に急逝してから20年がたった5月13日、600ページ近い評伝「永遠の最強王者 ジャンボ鶴田」(ワニブックス)が刊行された。
筆者は週刊ゴングの全日本プロレス担当記者として現役時代の鶴田を取材してきた小佐野景浩氏(58)。
3年の歳月を費やした大著と、鶴田への思いを小佐野氏が語るインタビュー、その前編をお届けする。

まずは鶴田の足跡を振り返ってみる。

鶴田は1972年、同年に開催されたミュンヘン五輪のレスリング代表という肩書を引っ提げて全日本に入団した。翌73年のデビュー時からトップ選手と遜色ない、スケールが大きくテクニカルなファイトを披露。
明るいキャラクター、ギターを手にコンサートを開くといった新しいライフスタイルも相まって、新時代のスター誕生を感じさせた。

その後はジャイアント馬場に次ぐ不動のナンバー2として83年にインターナショナルヘビー級王座、84年にAWA世界同級王座を獲得するなど活躍したが、最高峰のNWA世界同級王座への挑戦では結果を出せず。
善戦マンというありがたくないあだ名を頂戴する。85年に開戦した長州力率いるジャパンプロレス勢との抗争では長州とその矢面に立った天龍源一郎の存在感が際立ち、ファンに物足りなさを感じさせてしまう。

87年の長州離脱後は反旗を翻した天龍と、90年の天龍退団後は三沢光晴率いる超世代軍と抗争し、怪物的な強さ、うまさ、スケールの大きさ、無尽蔵のスタミナが大きくクローアップされた。
ついに評価を確立したさなかの92年、肝炎が悪化し一線を退くことを余儀なくされた。

小佐野氏が番記者だったのは週刊ゴングと週刊プロレス、週刊ファイトがしのぎを削った活字プロレス全盛期。「リング上で事実上トップだった」鶴田だが、「少なくとも本を読むファンには、あまり支持されていなかった」と振り返る。

新日本プロレスから長州らが殴り込み、長州らのUターン後は天龍革命が起こった熱い時代。「刺激的でない言動、余裕たっぷりのファイト」の鶴田より、感情むき出しでやり合い、
発言も刺激的な長州や天龍がファンに支持され、誌面を割くことになってしまう。小佐野氏は鶴田の「すごさ、強さが伝えきれなかった」という思いを抱えていた。

それ以前も、全日本の主役は総帥の馬場、次いでザ・ファンクス、ハーリー・レイスら豪華外国人で、鶴田は「有り余るモノをもっているのに、ガツガツと主役になる野心も見せなかった」という。

3年前、ワニブックスから鶴田本のオファーを受け、「今ならファンの見方も違っているし、ジャンボ鶴田を解き明かすことができる」と取材、執筆に取りかかる。

いまだに日本人レスラー最強説があり、「すごかった、強かった、無尽蔵のスタミナ、天才…」と振り返られる鶴田を「どうやって表現できるのか、その強さの源はどこにあるのかというところから解き明かさないと」という、
小佐野氏の旅が始まった。(後編に続く)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b980320ae36fbf280500d609f4bd3c27b149945
6/1(月) 15:02配信

no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=ue4h3mGtPaU

J ジャンボ鶴田のテーマ

https://www.youtube.com/watch?v=8E0e9RgVNvI

ジャンボ鶴田の必殺技乱れ打ち!

no title

no title


引用元: ・【プロレス】ジャンボ鶴田とは何者だったのか…没後20年、決定版評伝の著者に聞く [砂漠のマスカレード★]





2: 名無しさん@恐縮です
実兄の恒良氏、高校時代のバスケットボール部の同期生、中央大レスリング部の同期で主将だった鎌田誠氏、
ライバルの早大・磯貝頼秀氏といったプロ入り前の姿を知る人物にインタビューし、ルーツを探るところから物語は始まる。
知られざる若き日々が解き明かされていくさまはエキサイティングだ。

後に天龍や三沢との対戦で怪物的な強さをファンに認識されていった鶴田だが、小佐野氏は取材の過程で「デビューした時点でこの人はすごかった。
こんな人はいないな」と、改めて感じたという。一方で鶴田は「真の意味で最高のプロレスラーになる難しさ」に直面した選手でもあり、本書ではその軌跡が緻密に描かれていく。

日本マットでは、開祖・力道山に始まり、馬場、アントニオ猪木から前田日明、大仁田厚に至るまで「自分で団体を起こして長になってこそトップ」という意識がファンに根強かったが、
「リングを下りたら普通の人」たらんとしていた鶴田は「そういうところは全く目指していなかった。背を向けていた」。

当時はファンに物足りなさ、歯がゆさを感じさせていたそんな面も「今のプロレスラーだったらシンパシーを感じると思う。
彼の人生設計、プランを持って、何歳になったらこういうふうになっていたいというところが。
昔は宵越しの金は持たない、というような人がもてはやされたけど、
鶴田さんの世代も、その次の世代も引退して、第三世代まで引退し始めた今、鶴田さんの堅実な生き方が正しかったとも言えます」と小佐野氏は言う。

当時はファンの不興を買った反則や両者リングアウトなど不完全燃焼な結末の試合も、今の目が肥えたファンであれば「なるほどと思ってもらえる」であろうとみている。

小佐野氏は鶴田と接した印象を次のように振り返る。

 

3: 名無しさん@恐縮です
馬場に猪木にタヌキにブッチャー
デストロイヤー鶴田♪

4: 名無しさん@恐縮です
(´・ω・`)ノ オー

5: 名無しさん@恐縮です
「すごく人当たりが良く、誰に対しても分け隔て無く接する気さくさを持っていた。
当時は近寄りがたい職人的なレスラーも多かったけど。
その半面プライドが高く、時折冷めたような言動を見せるのもプライドの裏返しだったと思います」

鶴田は2000年5月13日、フィリピンでの肝臓移植手術中、出血多量で死去。49歳の若さだった。
小佐野氏は、鶴田が生きていたら「馬場さんが鶴田さんに社長を譲る流れもあったかもしれない」と考えている。

本書にも書かれているが、馬場と鶴田をめぐっては、サムソン・クツワダが鶴田を担いで新団体を起こそうとした77年のクーデター未遂事件や、
81年に日本テレビから出向してきた新社長が馬場に代わって鶴田をトップに据えようとしたりした経緯があり、また、天龍が馬場の相談役として信頼が厚かったため、微妙に距離があったとされている。

しかし、その後は「そういうことを乗り越えた信頼関係があった」という渕正信の証言もあり、健在であればマット史は全く違っていたかもしれない。

没後20年、改めてジャンボ鶴田とはどういうプロレスラーだったのか。小佐野氏は「リング上では最強のプロレスラーだったと思います。
あれだけの才能と強さを持った人はいなかったけど、結果的にあの生き方は-本人は普通の人でいたかったのかもしれないけど-人生そのものがプロレスラーだったと思います。
最後は生きるためにオーストラリア、フィリピンにまで行って病と闘った。骨の髄までプロレスラーだったと思います」とたたえる。

本書は重版出来となり、インターネット上でも反響を呼んでいる。
小佐野氏は「亡くなって20年、鶴田さんに直接、取材していた人も限られてきている中で、この本でこんなに盛り上がってくれたのはちょっと予想外で、鶴田さんの良い供養になったという思いはあります」と喜ぶ。
決定版とも言える本書の出版を機に、再評価がさらに進むのではないだろうか。(終わり)

6: 名無しさん@恐縮です
亡くなってたのか

7: 名無しさん@恐縮です
最後が最悪だったな

8: 名無しさん@恐縮です
世界を取ったジャンピングニーは、どこの世界を取ったのだろうか?

9: 名無しさん@恐縮です
三沢のが強いのに何故か鶴田のが強いっていうプロレス全くわかってねー奴がヲタに多かった

12: 名無しさん@恐縮です
>>9
いや、ガタイが違いすぎる
ガチでやったら鶴田のが強いだろ

17: 名無しさん@恐縮です
>>12
ガチで何をやると?

10: 名無しさん@恐縮です
超世代ファンも、鶴田の「オー!!」には一緒になって拳を突き上げるという
対戦のたびにキッチンシンクや拷問コブラでいたぶられた菊池は元気でやってるかな

11: 名無しさん@恐縮です
在日だろ

13: 名無しさん@恐縮です
猪木の60周年式典にホントは三沢と鶴田、できれば馬場もいてほしかった

14: 名無しさん@恐縮です
ジャンボ鶴田はジャンボ鶴田であってジャンボ鶴田以外の何物でもない

15: 名無しさん@恐縮です
実は鶴田のことをよく言うレスラーってあまりいないよな。
ブロディくらいじゃね、鶴田を認めてたのは。

ケチで面倒見がよくないとか、セルをしないとか言うけど。

16: 名無しさん@恐縮です
BGM : J (ジャンボ鶴田の入場テーマ)

18: 名無しさん@恐縮です
おおお

19: 名無しさん@恐縮です
ホントに強いかどうかは知らんが、「凄い」レスラーだったのは確か

20: 名無しさん@恐縮です
フィリピンで臓器買って手術で失敗死



広告




シェアする

フォローする

広告




Top