【東野幸治】今でも緊張するダウンタウンとの共演「師匠と弟子ではないけど」

【東野幸治】今でも緊張するダウンタウンとの共演「師匠と弟子ではないけど」




ピックアップ

1: 爆笑ゴリラ ★
11/23(月) 14:13配信
スポニチアネックス

お笑いタレントの東野幸治

 お笑いタレントの東野幸治(53)が21日、テレビ朝日「伯山カレンの反省だ!!」(土曜深夜0・10)にゲスト出演し、お笑いコンビ「ダウンタウン」について語る一幕があった。

 1985年に吉本興業の新人オーディションを受けたことがきっかけでお笑いの道へ。当時の事務所は、ダウンタウンを中心に新しい世代の芸人によるムーブメントを起そうとしていたため、東野も主要メンバーの1人として若手時代を過ごした。

 ダウンタウンとは30年以上の長い付き合いだが、今でも共演時は気が張るという。「緊張します。そこは何か勝手に…師匠と弟子ではないけど、お世話になった先輩というのがあるから、その時に戻りますよね」。

 大阪で爆発的な人気となったダウンタウンが東京進出したのは80年代後半。特に松本人志(57)は今の温和なイメージとは異なり、かなりとがっていたという。MCで講談師の神田伯山(37)から「(松本は)今も怖いままのイメージなんですか?」と問われ、東野は「僕とか同世代の芸人がたまにしゃべるのは、『ダウンタウンDX』に若手芸人が出たとき、こんなに笑ってたっけ?みたいな。昔は笑ってなかったような気するよね?みたいな話はしますよ」と東野。

 

 大阪時代からダウンタウンのことをよく知る者として、しみじみ感じるところがあるという。「ああそうか…丸くなってんなあと。でも僕も意外と笑わなかったほうやけど、年齢重ねていくと笑っているから結局、年齢とか立場とかあんのかなあと思ったりしますけど」と打ち明けていた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f62fae8ff26d359437580fd13b264f634620174


引用元: ・【東野幸治】今でも緊張するダウンタウンとの共演「師匠と弟子ではないけど」 [爆笑ゴリラ★]





2: 名無しさん@恐縮です
大学受験に失敗して失踪したときくらいの話か?

3: 名無しさん@恐縮です
今田と東野はビビり過ぎで逆に笑える

4: 名無しさん@恐縮です
〆られたの昔(笑)

5: 名無しさん@恐縮です
熱々のあんかけを頭に掛けられたトラウマじゃないのかな

6: 名無しさん@恐縮です
東野って若い頃は輩だったんじゃないの?

9: 名無しさん@恐縮です
>>6
兄弟でスポーツマンじゃなかったっけ

14: 名無しさん@恐縮です
>>6
宝塚のトビウオ 東野兄弟やぞ

15: 名無しさん@恐縮です
>>6
部活に打ち込む熱血スポーツマンじゃなかったっけ

7: 名無しさん@恐縮です
老害が幅を利かせる芸能界

8: 名無しさん@恐縮です
ノブコブ徳井が真似しようとしてるけど
「つまらないから廃業したら?」って言ってやれよ

10: 名無しさん@恐縮です
ダウンタウンのおかげで
東野今田ほんこん板尾は世にでられたんだからな

11: 名無しさん@恐縮です
散々イジメられただろうからな
そりゃ緊張するだろ

16: 名無しさん@恐縮です
そもそも笑わない芸人て売れないでしょ

17: 名無しさん@恐縮です
東野はダウンタウンにはそうだけど他では宮迫みたいに尊大さが増してる
旅猿は特に酷い いじりとわがままを面白いと履き違えてる
今田は変わらないなと思う

18: 名無しさん@恐縮です
今の松本はほんま丸くなりすぎ
やっぱり娘出来たんがあかんかった

20: 名無しさん@恐縮です
お偉い上司みたいなもんだろ
そりゃ緊張する



広告




シェアする

フォローする

広告




Top