【事故から10年】福島第一原発、メルトダウンした2号機、3号機の建物上部で7京ベクレルの激しい汚染が発覚 水素爆発の可能性も




1: ramune ★
原子力規制委員会は、おととし再開した東京電力福島第一原子力発電所の事故調査の報告書をまとめ
、原子炉建屋の上部で激しい汚染が見つかるなどしたことから、今後の廃炉作業について東京電力と検討を進めるとしています。

“建屋上部で激しい汚染見つかる” 福島第一原発 調査報告書

2021年3月10日 14時40分

原子力規制委員会は、おととし再開した東京電力福島第一原子力発電所の事故調査の報告書をまとめ、原子炉建屋の上部で激しい汚染が見つかるなどしたことから、今後の廃炉作業について東京電力と検討を進めるとしています。
原子力規制委員会は放射線量が下がった場所を中心に、2年前から事故調査を再開し、その結果を10日に報告書にまとめました。

それによりますと、核燃料が溶け落ちるメルトダウンを起こした1号機から3号機の3基の原子炉にあった放射性物質のおよそ1割にあたる、
合わせて7京ベクレルが2号機と3号機の建屋上部にあるシールドプラグと呼ばれるコンクリートのふたに付着している可能性があることが
、新たにわかったということです。

規制委員会は汚染が予想以上に激しく、仮に廃炉に向けてふたを取り外す場合、
人が近寄って安全に作業することが極めて困難になるとして、被ばく対策を含めて今後の廃炉作業の方法について、東京電力と検討を進めるとしています。

このほか、原子炉がある格納容器を守るため、中の気体を外に放出する「ベント」という操作を試みた1号機と3号機では、
気体の一部が配管を通じて建屋に逆流していたこともわかり、これにより建屋内の汚染を広げた可能性があると指摘しています。

また、逆流した気体には水素も含まれていて、水素爆発につながったおそれもあるとして、今後、設備の検証などを進める必要があるとしています。

水素爆発については映像を分析するなど、初めて詳細な検証が行われ、
3号機では最初の爆発に続き、水素とは別の可燃性ガスも混ざった爆発的な燃焼が連続して起きていた可能性が高いとしました。

規制委員会は、今後も調査を継続するとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210310/k10012907351000.html


引用元: ・【事故から10年】福島第一原発、メルトダウンした2号機、3号機の建物上部で7京ベクレルの激しい汚染が発覚 水素爆発の可能性も [ramune★]


15: ニューノーマルの名無しさん
>>1
3号機は格納容器の上の部分がパコ~ンと
吹き飛んだ核爆発じゃなかったのかよ?
海外の女性キャスターが完全に引いてたな

2: ニューノーマルの名無しさん
これも安倍のせい

3: ニューノーマルの名無しさん
京ベクレルってなんだよ
書き方をなんとかしろよ

4: ニューノーマルの名無しさん
2万5千年の荒野

5: ニューノーマルの名無しさん
あーれからー10年もー

6: ニューノーマルの名無しさん
ぼかーん

7: ニューノーマルの名無しさん
即死するレベル?

8: ニューノーマルの名無しさん
今更、新事実?(´・ω・`)

9: ニューノーマルの名無しさん
もう石棺で密封して、放射線食べるバクテリアが見つかるまで放置だな。

11: ニューノーマルの名無しさん
コンクリで固めときゃ
全部解決

13: ニューノーマルの名無しさん
チェルノブイリは今?

14: ニューノーマルの名無しさん
もう原発の下に垂直に穴を深く深く掘って最後に発破かけるなりでズドーンと地中深くに埋めちまおうよ。
そんな難しくないしこのままダラダラやること考えたら金もかからんだろ。

Top