スポンサーリンク

石田純一 快気祝いで酩酊…「マスクなしで千鳥足」の夜目撃

スポンサーリンク
1: 鉄チーズ烏 ★
夜11時過ぎ、都内の隠れ家的飲食店から一人、また一人と、熟年世代の男性たち数人がゆっくり出ていく。しばらくして、最後に現れたのは石田純一(66)だった。

石田は4月14日に新型コロナウイルス感染と診断され、緊急入院。5月12日に退院し、本誌に電話で「一時は死をも覚悟するほどだった」と壮絶な闘病を告白。病室で長男・理汰郎くん(7)への遺言を用意したと明かしていた。

そんな石田が、東京で緊急事態宣言が解除された5月末の週末、夜の街へ繰り出していたのだ。

「あのお店は、看板すら出さない1人2万~3万円する完全紹介制の超高級ステーキ店です。コロナ禍の前は芸能人の常連客がよく訪れていました」(飲食業界関係者)

石田の知人は、こう語る。

「石田さんはその夜、同世代の仲間3~4人に招かれ、コロナの“快気祝い”をしていたそうです。お肉に合うワインやシャンパンも口にして、久しぶりの外食を堪能したようです」

本誌は今年3月にも、石田の外食姿を報じている。深夜12時、都内の中華店で石田はギョーザとご飯を注文し、お供はウーロン茶。ワインに目がない彼が、その日はアルコール抜きだった。

年初めに出演した健康番組では「余命8年」と宣告され、まだ幼い3人の子供たちのために断酒を決意していたはずだったが……。

「妻の理子さんは『もうお酒は慎んで!』と何度も忠告していたと聞いています。石田さんも余命宣告を機に禁酒していたそうです。今回は“全快祝い”ということで、つい気の置けない仲間たちと祝杯を挙げてしまったのでしょうか……」(前出・飲食業界関係者)

食事を終えた石田の一行はソーシャルディスタンスを保つかのように一人ずつ、帰っていった。最後に出てきた石田は、マスクなしでふらつくような千鳥足。

突然、足を止めてはスマホで地図を確認し、また歩きだすといった動作を繰り返す。酔ったせいか、道に迷ってしまったらしい。道路の真ん中で立ち尽くし、車が来てとっさによける一幕も。なんとかタクシーを捕まえた石田は、乗り込んで帰宅の途に就いた。

石田は退院後、本誌に神妙に、《お医者さんには、『あと2日遅かったら、年齢的にもかなり危なかった』と言われました。妻がそばにいたことを、本当にありがたく思いましたね》と語っていた。また愛妻や子供たちを心配させないように、お酒はもうこの日だけにしては……。

「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載

投稿日:2020/06/09 06:00 更新日:2020/06/09 06:00
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1867408/
no title

no title

no title


引用元: ・【新型コロナ】石田純一 快気祝いで酩酊…「マスクなしで千鳥足」の夜目撃 [鉄チーズ烏★]





>>1
これのどこが問題なの?馬鹿なの?
>>1
この人、本当にあんまり長くないかも…
一番下の子はまだ1歳か2歳くらい?
ものすごく年取ったね。
2: 名無しさん@恐縮です
長谷川理恵の高笑いが聴こえる
3: 名無しさん@恐縮です
真ん中の写真がおじいさんみたい
4: 名無しさん@恐縮です
本当にクズ過ぎるな
5: 名無しさん@恐縮です
再コロステーキwwww
7: 名無しさん@恐縮です
志村けんと岡江久美子。どちらも嫌いだったけど
石田よりは素晴らしい人だったと思うよ。

嫁や子供いるのに家族なんて邪魔なんだろうな、このひとにとっては

8: 名無しさん@恐縮です
だらしない
9: 名無しさん@恐縮です
アル中は病気だから
10: 名無しさん@恐縮です
こいつはマジで反省しないのな。最悪じゃん。
12: 名無しさん@恐縮です
どうでもいい
13: 名無しさん@恐縮です
コロナは文化
14: 名無しさん@恐縮です
もういいよ
15: 名無しさん@恐縮です
真ん中の写真認知症の徘徊者みたい
16: 名無しさん@恐縮です
とにかく自分に甘い
18: 名無しさん@恐縮です
反省してないな
19: 名無しさん@恐縮です
徘徊老人やん
Top