【競泳】瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」

1: フォーエバー ★
牛に経文──そんな言葉がピッタリなこの男、2021年に“劇的リベンジ”の気配だ。2020年9月末、「休憩4600円」のラブホ不倫が報じられた日本競泳界のエース、瀬戸大也(26才)。所属先のANAから契約を解除され、2021年夏の東京五輪の出場も危ぶまれている。

 不倫報道後も瀬戸を支える妻の優佳さん(25才)は「現代ビジネス」のインタビューで、責めるどころか夫を気づかってみせた。

《彼にはプレッシャーもあったと思います。メディアには金メダルに一番近い男と謳われ、世間の期待は高まる一方。ポジティブであることを公言している夫でも、さすがに重圧を感じていたはずです》

 さすがの瀬戸も、不倫騒動で頭を抱え、泳げない日々に苦しみ、茫然自失の日々を送っているのでは──なんて心配は一切要らないのが、大一番で必ず実力を発揮する強靱なメンタルとスーパーポジティブで知られる瀬戸のスゴいところ。水泳関係者が明かす。

「最近、人目を忍んでですが、プールを確保して、練習も再開しています。アクシデントで充分に“休養”をとれたせいか(笑い)、泳ぎの方も絶好調のようです。“オリンピックに出場さえさせてくれたら絶対金メダルとれるのに”なんて、心身共にかなり余裕もありそうです」

 12月のある夜、トップスイマーの仲間たちと、食事に出かける姿も目撃されていた。

「12月上旬に行われた競泳の水泳日本選手権に出場した選手を慰労するための食事会だったようです。瀬戸さんは出場できなかったので忸怩たる思いかと思いきや、久しぶりの“夜遊び”を仲間たちと満喫している様子でした。人目は避けつつも、明け方まではしご酒を楽しみ、“金メダルとりまーす”とはしゃいでいたようです。さすがに、謹慎前に通っていた女性が接客するお店には行かなかったみたいですね」(前出・水泳関係者)

 優佳さんはインタビューでこうも語っていた。

《予定通りオリンピックが開催されて(中略)『彼が金をとったら家庭は崩壊するだろうな』という確信に近いものがありました。このまま金メダルをとったら、いよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じた》

 瀬戸には2021年夏、節度も品格も備えた金メダリストになって、世間をアッと言わせてほしい。彼にとってはオリンピックが1年遅れてよかったのかもしれない。

12/20(日) 16:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bab0755efa5f5b2df5e0b3be535ae1395809eda
no title


引用元: ・【競泳】瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」 [フォーエバー★]





2: 名無しさん@恐縮です
女には悪いが、飽きるんだよ

6: 名無しさん@恐縮です
>>2
陰キャには寄ってすらこないだろ笑

3: 名無しさん@恐縮です
こんなやつ応援するやついるのか?

7: 名無しさん@恐縮です
舞台役者とアスリートの株がた落ちした一年だったな

8: 名無しさん@恐縮です
国民総スカンだからこいつ
金メダル取らないと許されないでしょ

9: 名無しさん@恐縮です
まあ、こういうタイプなんだろうな・・・

10: 名無しさん@恐縮です
金メダル取ったら裸の王様ではないんじゃ

Top