【朗報】ハーゲンダッツの値段が高い理由は質の違いにあった!これには皆んな納得

1: 緑色細菌(長野県) [BR]
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
今、スーパーやコンビニエンスストアなどで売られているアイスは、2つの巨大ブランドの熾烈な戦いが繰り広げられている。
「明治 エッセル スーパーカップ」と「ハーゲンダッツ」である。
両ブランドのカップアイス(バニラ味)を内容量と価格で比べてみると、
スーパーカップは内容量200ml・希望小売価格140円(税別)、ハーゲンダッツは内容量110ml・希望小売価格295円(税別)。
なんと同じカップアイスながら1mlあたりの価格差が4倍近くあるのだ。
 にもかかわらず、LINEリサーチによる人気アイスランキング(2020年5月時点)によると、堂々1位はハーゲンダッツ。
しかも得票率は14.0%で、4位で得票率6.4%だったスーパーカップにダブルスコア以上の大差をつける結果に。
ハーゲンダッツのブランド力は、さすがといったところだろう。
 一方で、アイスクリーム新商品の売上ランキングは、昨年11月分集計時点で、5カ月連続でスーパーカップが1位に君臨していた。
また、ネット上では「スーパーカップの味はハーゲンダッツと比べても遜色ない」という声も多いようである。
それが本当なら、スーパーカップはハーゲンダッツよりはるかにおトクということになるだろう。
 このように、2つの商品は一進一退の攻防を繰り広げている。
気になるのは、実際に味の差や中身の違いは一体どれほどのものなのだろうか、ということ。
そこで、今回は「スーパーカップ 超バニラ 200ml」と「ハーゲンダッツ ミニカップ バニラ」の2商品について、
フードアナリストの重盛高雄氏に客観的に解説してもらったうえで、筆者が実食して忖度ナシの徹底比較を行った。

ハーゲンダッツ、実は量2倍・価格半額のスーパーカップとクオリティ同等?全然違う?
https://biz-journal.jp/2021/02/post_207443.html


引用元: ・【朗報】ハーゲンダッツの値段が高い理由は質の違いにあった!これには皆んな納得


2: シントロフォバクター(東京都) [US]
スーパーカップでいいよ

3: デスルファルクルス(大阪府) [RE]
ブランド価格なだけ

4: オセアノスピリルム(光) [US]
爽で十分

5: デスルファルクルス(大阪府) [RE]
お高く止まってないでアメリカ見たく徳用ででかいバーゲン売って欲しい

6: ナウティリア(富山県) [US]
いてぃごいてぃごしてるから!

7: プニセイコックス(茨城県) [KR]
ハーゲンダッツ買うならあとちょっと足してビエネッタ買う

8: キサントモナス(神奈川県) [BR]
ハーゲンダッツを食うとハゲる
これ豆な

9: パスツーレラ(福岡県) [CN]
味重視な気分の時はモウ
量重視な気分の時はスーパーカップ

ハーゲンダッツ?
無駄に高いだけやからいらね。

10: セレノモナス(北海道) [US]
アイスに賞味期限なんかつけやがった明治は反省しる!

Top