スポンサーリンク

【マスパセ】奥野淳也、小学校時代のエピソード「運動会でひとりだけ逆走、テストの点数で負けると相手の肩や腕を本気で噛む」

スポンサーリンク
1: ネトウヨ ★
再び“ノーマスク”で現れた末に逮捕された

 4月10日の昼、容疑者は千葉県館山市の飲食店に“ノーマスク”で現れた。店主からのマスク着用要請に応じず、勝手にビールサーバーからビールを注ごうとしたため、店内の客数人ともめた末に110番通報をされてしまう。

 千葉県警館山署員がすぐさま駆けつけてきたが、生活安全課の巡査長(38)の顔面を手で殴打したため、公務執行妨害の容疑で逮捕された。
「奥野容疑者は住所も職業もいっさい語らないので、住所不定、職業不詳のままです。容疑の認否や動機についても、黙秘を貫いていますね」(地元紙の記者)

 今も館山署に勾留中の容疑者。実はマスク拒否の逮捕は初めてではない。昨年9月、容疑者は釧路発関西空港行きの旅客機内で、乗務員からのマスク着用要請に従わずトラブルになり、運航を妨害したとして今年1月に逮捕された。過去にも皇居にある三の丸尚蔵館や、長野県内のホテルでも、同様の“マスク拒否”トラブルを起こしているのだ。ここまで問題行動を繰り返す背景には何があるのだろうか──。彼のルーツを探るべく、彼の故郷である大阪府茨木市を訪ねてみた。

地元の名家に生まれ、東大法学部に合格

 同市の郊外で茨木川が流れるそばに、実家はあった。近所の住民は、
「町で1、2を争う名家で、昔からの大地主。今でもアパートを4棟ぐらいと、農地を近隣住民に貸して生活している資産家。お父さんは元市役所職員で、自治会長を10年ほど務めている名士です」

 現在、実家の大豪邸に70代の父親、同じく70代の母親、そして30歳前後の次男(弟)の3人が暮らしている。インターホン越しに父親に話を聞くと、
「遠いところから、ご苦労さんです。でも、ノーコメントにさせてください」

 容疑者の人となりを知るべく、近所や小中学校時代の同級生をひとしきり当たってみると、もっとも多かった彼の印象が“おとなしくて、とにかく頭がいい子”。

 容疑者は京都の名門私立高校から、東京大学法学部にストレートで合格。同大学大学院にも進んでいるので、うなずける印象だろう。

 続いて多かったのが“変わり者”。詳しく聞いてみると、
「小学校の運動会で、ひとりだけ逆走したり、グラウンドの中央を突っ切ったりして場を乱していましたよ」

 あえて人と違うことをする偏屈さは“元祖マスク拒否男”を彷彿させる話だ。とはいえ、このエピソードだけをもって容疑者が特別だというのは早計かもしれない。

「テストで自分よりいい点数の子がいると、その子の肩や腕を歯形が残るほど本気で噛んでいた。自分より先にテストを終えた子に対しても“なぜ自分より早くできるんだ!”と怒っていた」

 エキセントリックではあるが、ハングリー精神の表れとも……。その負けん気が彼を東大に合格させたともいえるだろう。

(略)

https://www.jprime.jp/articles/-/20653?display=b


引用元: ・【マスパセ】奥野淳也、小学校時代のエピソード「運動会でひとりだけ逆走、テストの点数で負けると相手の肩や腕を本気で噛む」 [ネトウヨ★]


2: ニューノーマルの名無しさん
少年ボウイ

3: ニューノーマルの名無しさん
ガチガイジ

4: ニューノーマルの名無しさん
ノーマスク男はこの機会に穂積陳重せんせいの法窓夜話・続法窓夜話を読みなさい

5: ニューノーマルの名無しさん
発達障害じゃん

6: ニューノーマルの名無しさん
そろそろ卒業文集が出てくるかな

7: ニューノーマルの名無しさん
自己顕示欲が異様び高いだけの社会性のないクズってこと?

8: ニューノーマルの名無しさん
これ障害者じゃん
障害者差別してええんか

9: ニューノーマルの名無しさん
ノーマスクマンは
自分の権利 > 他人の迷惑
だからなぁ

11: ニューノーマルの名無しさん
生き方がパンクだよな

今どきの日本人に珍しいわ

12: ニューノーマルの名無しさん
こんなの育てた親って本物のカスだろ
躾とかせず放置だったのは間違いない

13: ニューノーマルの名無しさん
むしろどんな育て方したらこうなるのか研究すべきだろ

14: ニューノーマルの名無しさん
脳の病気でもあるんか?

15: ニューノーマルの名無しさん
目を合わせちゃいけない人だな

Top