【参加者に聞いた本音】<オンライン飲み>はなぜ廃れたのか?「逆にストレスだった」

1: Egg ★
新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活様式は大きく変わった。集団感染のリスクを下げるため、「密」を避けて行動することが呼びかけられて1年が経つ。政府や各企業は在宅ワークを推奨し、社内や取引先との「オンライン会議」はすっかり定着した。

 一方で、いつの間にか聞く機会が減ったのが「オンライン飲み」だ。1度目の緊急事態宣言が出た1年前と比べると、すっかりブームが去ってしまった印象だが、その理由はどこにあるのだろうか。

■「オンラインだと会話の感覚がつかめない」

 わざわざ説明する必要もないだろうが、オンライン飲みは、Zoomなどのビデオ通話ツールを通じ、オンライン上で飲み会を開くこと。「終電を気にしなくていい」「自分でお酒やつまみを買うので居酒屋より安上がりで懐にも優しい」と好評だったはずだが、すっかり廃れてしまった印象だ。

 実際、新型コロナの感染拡大を受けて、国土交通省が20年8月に約1万3000人を対象に行った生活様式の変化に関する意識調査でも、オンライン飲みを続けたい意向を持つ人は全体の2割以下にとどまっていた。

 オンライン飲み会にストレスを感じていた人もいるようだ。

 40代のエンジニアの男性も「オンライン飲み」から卒業した一人。昨年の夏ごろまでは週に1、2回のペースで開催していたが、今年は全くやっていないという。なぜだろうか。

「やはり直接顔を突き合わせて飲むのと感覚が違うんですよね。一人が話すとみんなが注目するし、声が重なってしまうことが多々ある。
  
  普段は気にしなかったんですが、居酒屋とかで3,4人で飲むと、『あっ、今からこの人が話すな』っていう空気感が分かるじゃないですか。オンラインだとその感覚がつかめないので、声が重なる機会が多い。なかなか会話が進まずにストレスになって自然消滅してしまいましたね」

「単純に飽きてしまいました」
 30代の主婦も昨年は子育ての息抜きで毎日のようにママ友とオンライン飲み会をしていたが、今は2か月に1度のペースだという。

 この主婦は「最初のころは深い時間までやって寝不足になるほどでした。でも何度もやっているうちに単純に飽きてしまいましたね」としたうえで、オンライン飲みのデメリットについて、

「お店で話しているわけではないので終電もないかわりに、お開きにするタイミングもなかなか難しい。楽しそうに他の人達が話している時に眠くても、『ここで私は終わりにしていいかな?』ともなかなか言えなくて…」

と苦笑いを浮かべる。

 すっかり廃れてしまった「オンライン飲み会」だが、裏を返せば直接会って食事やお酒を飲む楽しさは何にも代え難いということだろう。

 新型コロナの感染が収束し、人数を気にせずに居酒屋で飲める日常が1日も早く戻ってくることを願うばかりだ。

5/15(土) 20:00  Jキャストニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/c484191c8794523ec7271046d94b6306e44fb4d5

写真 no title


引用元: ・【参加者に聞いた本音】<オンライン飲み>はなぜ廃れたのか?「逆にストレスだった」 [Egg★]


11: ニューノーマルの名無しさん
>>1
直接触れ合って蒸れるのが好きな人が多かったから。

精神的に自立出来ないのが多いからオンライン飲み会さえ楽しめなかったんでしょ。

29: ニューノーマルの名無しさん
>>11
トランクスよりブリーフ!

48: ニューノーマルの名無しさん
>>1
オフライン飲みは何を言っても許されるところがあるが、オンライン飲みは録画されて証拠が残るから

2: ニューノーマルの名無しさん
会話できるだけで嬉しかったが

3: ニューノーマルの名無しさん
そもそも、流行ったのか?

4: ニューノーマルの名無しさん
モニタ見ながらだと画面酔いして気持ち悪くなる

5: ニューノーマルの名無しさん
アホか

6: ニューノーマルの名無しさん
あれ、クラブハウスサンドはどこに行ったの?

7: (,,゚д゚)さん 頭スカスカ
やぱーり ストロング外呑みが効くのう さあプチ圏外脱出だ

8: ニューノーマルの名無しさん
オンライン帰省w
オンライン飲みw

全部IT後進国では流行らないwwww

9: ニューノーマルの名無しさん
ばかくさい

10: ニューノーマルの名無しさん
医者がパーティーOKって言ってるから

12: ニューノーマルの名無しさん
あんな拘束感のあるもんが流行るかよw

13: ニューノーマルの名無しさん
馬鹿の極みw

14: ニューノーマルの名無しさん
コロナに成れたからな
若い奴にはインフルエンザと変わらないて誤解されているし

15: ニューノーマルの名無しさん
自宅で酒飲みながら5chやるのが至高

16: ニューノーマルの名無しさん
酒禁止には意味があるのだな

17: ニューノーマルの名無しさん
せいぜい3人までならなんとか
それ以上でオンライン飲みやる奴はバカ

18: ニューノーマルの名無しさん
女子社員の太ももを触れないからです

19: ニューノーマルの名無しさん
ほんと馬鹿じゃねえの

20: ニューノーマルの名無しさん
なるほど
飲み屋だと2〜3人くらいで固まって話すけど
オンラインだと誰かが喋ってる間は他の全員が黙っちゃうのか

45: ニューノーマルの名無しさん
>>20
イヤホンからいろんな声が聴こえるとホント不快だしな
回線弱々なヤツとかいると昔の衛星中継みたいに遅れるし

21: ニューノーマルの名無しさん
ウザいし
終わらない

22: ニューノーマルの名無しさん
まあ、観てもつまらなそうだったしなw

24: ニューノーマルの名無しさん
顔の表情と言葉だけでは、伝わらない空気感みたいなのあるよねぇ

25: ニューノーマルの名無しさん
VRチャットの方がマシ

26: ニューノーマルの名無しさん
隣の家が窓開けて大声でやってて迷惑だった
酒は入ると声のボリュームわからなくなるんだよ

28: ニューノーマルの名無しさん
オンライン飲みが楽しいとは思わんが
会話の感覚がつかめないのは適応できない老害だからだろ

30: ニューノーマルの名無しさん
アホじゃん

31: ニューノーマルの名無しさん
いや流行るわけねえよ

32: ニューノーマルの名無しさん
普段会わない奴と話せたからなかなか楽しかったけどな
年1回くらいならこれからもやると思う

33: ニューノーマルの名無しさん
気が合う奴ならいいけど、上司となんか飲みたくない

34: ニューノーマルの名無しさん
飲んだ後の狙ってた友人とのSEX楽しいんだよ。流行るわけない

35: ニューノーマルの名無しさん
一人で飲む方が楽でいいじゃん

36: ニューノーマルの名無しさん
ワクチンを接種して今まで通りの生活を目指すとしても、接種直前のワクチンの品質検査、保存移動リスクの確認、接種前後の検査、後遺症治療の保障等が完璧で無ければ接種自体が生命に関わる事態を招くのかもしれないので調査は必要
接種後死亡の報道は今後隠蔽されるだろう
ステイホームを飽きずに徹底して感染しない生活を極めるリスクの方が格段に低い場合はある

37: ニューノーマルの名無しさん
抜けるタイミングが難しい
一人話すと注目するから、その発言が自分宛だと何か反応しないといけないからずっと集中してないといけないし

38: ニューノーマルの名無しさん
リアル飲み会だと 全員が対面じゃないもんね
あちこちでみんな好き勝手話してても楽しかったねー!で成立するけど
画面越しに全員対面だなんて 好きなように話せないしストレスしかたまらんわ

39: ニューノーマルの名無しさん
自分で食事や酒用意するなんて面倒なんだよ
あと周りの空気が違うから会話に熱が入んねーんだよ
流行らそうとしたこと自体バカ
やらない方がマシとはまさにこの事だった

40: ニューノーマルの名無しさん
複数人で集まった時に個別の会話できないのがね

41: ニューノーマルの名無しさん
不要不急だからね

42: ニューノーマルの名無しさん
要するに何でも新しい事に変わればいいって訳じゃないという事だろ
俺的にはたとえばキャッシュレスがこれに当たるってだけの話

43: ニューノーマルの名無しさん
ZOOMだと複数接続は30分とかで切れちゃうけどいいツールあんの?

44: ニューノーマルの名無しさん
オンラインHだったら

46: ニューノーマルの名無しさん
ぶっちゃけ友人とそこまでだべりたいとも思わないんだよね
自分としては久しぶりに顔見て声聞いて近況報告し合って終わりで良くてそれ以降は蛇足
外だと「じゃあこれで」って訳にもいかないからお開きの頃合いが来るまで必然的に話膨らませたり沈黙にならないよう気を使いあってなんだかんだその「蛇足」を楽しもうとする
家にいるとそういう制約がないからPCで他の事したいなとかベッドで横になりたいなとかそっちに気が向かう事が多い
時期的にもお互い変化は起きにくいしひとしきりコロナトークが終わると特に話す事ないから無意味に感じてこれならLINEでいいやって気分になるわ

47: (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT
結局、酒飲みってアホだなぁとしか思えない
こういうオンライン飲み会で我慢できない層がウェーイって路上飲みしたり、開いてる居酒屋行ってしゃべりまくるんだろ?
もうね、毎日10リットル酒を飲ませてやれっての

49: ニューノーマルの名無しさん
オンラインは準備が数倍大変。

Top