店「QR決済、有料になる?……やめます」加盟店離れへ LINE Pay→2.6%、楽天ペイ3.24%、PayPayも有料化

1: 雷 ★
「有料になる?……やめます」加盟店離れ、スマホ決済普及の正念場

2021.5.31

鷲尾 龍一
日経ビジネス記者
 2019年の消費増税に伴う還元事業や、新型コロナウイルスの感染防止を背景に広がり続けるキャッシュレス決済。20年にはキャッシュレス決済比率は3割に達したとみられ、政府が掲げる「2025年に4割程度」の達成にじわじわと近づいている。

2019年の消費増税に伴い、各社の還元事業でスマホ決済が徐々に浸透していった(写真:Natsuki Sakai/アフロ)
 ただ、QRコードを使ったスマートフォン決済は今年、普及の正念場を迎える。スマホ決済の大手が加盟店の開拓を優先して無料にしてきた決済手数料を有料化するからだ。

 決済事業者はユーザー獲得などに費やした先行投資を回収する必要があるが、「有料になるならやめる」(中小小売店の関係者)との声が漏れる。加盟店を引き留められるのだろうか。

 決済手数料とは、電子マネーやクレジットカード、スマホ決済サービスを提供する事業者が、導入した加盟店から得る手数料だ。

 例えば、Suicaなど交通系電子マネーは3.25%(米Squareの場合)、楽天ペイは3.24%。今年有料化を予定するLINE Payは10月から2.45%、メルペイは7月から2.6%となる。PayPayは10月に有料化を検討し、料率は未定としている。

 クレジットカードは導入店舗ごとに与信を判断するため、1~6%程度と幅がある。経済産業省が18年4月にまとめた「キャッシュレス・ビジョン」によれば、中央値は3.00%となっている。

 19年の消費増税に伴う「キャッシュレス決済・ポイント還元事業」では、キャッシュレス事業者は決済手数料を3.25%まで抑えることが参加要件だった。還元事業は20年6月に終了したが、3.25%が一つの目安になり、今に至る。

 しかし、この水準でも中小企業には苦しい。中小企業実態基本調査(2019年度決算実績、速報)によると、スマホ決済が得意な少額決済が多い小売業の経常利益率は1.5%、宿泊業・飲食サービス業も同じく1.5%にとどまる。クレジットカードに比べて初期コストが低いことを売りに導入を訴えてきたスマホ決済事業者だが、有料化が進めば、決済回数が増えるたびに、利用者の利益が目減りしていってしまう。

 ある小売店の関係者は、「事前にチャージして使う前払い式が多いスマホ決済は、クレジットカードのように与信コストが必要ないから有料になるにしても、それより安くしてほしいと話したが反応は芳しくなかった」と明かす。

(略)
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/052800187/


引用元: ・店「QR決済、有料になる?……やめます」加盟店離れへ LINE Pay→2.6%、楽天ペイ3.24%、PayPayも有料化 [雷★]


3: ニューノーマルの名無しさん
>>1
クレカもだけど
日本の現金以外の決済は、手数料が高すぎる

20: ニューノーマルの名無しさん
>>3
海外だと何%くらいなの?

2: ニューノーマルの名無しさん
え?

4: ニューノーマルの名無しさん
QR決済なんて面倒くさいだけだからな

5: ニューノーマルの名無しさん
そこでxコインですよ

6: ニューノーマルの名無しさん
3分?
ロハスでももっと打つぞ!

7: ニューノーマルの名無しさん
有料にしたらクレジットカード決済にまさる点が無くなるじゃん

8: ニューノーマルの名無しさん
そりゃそうだ
ズルして張ったメッキはいずれ剥落する
それだけのことだ

9: ニューノーマルの名無しさん
QUICPayもっと普及しないかな~
アレが一番便利だよ

10: ニューノーマルの名無しさん
PayPayやめる店多そう

11: ニューノーマルの名無しさん
レジで待つ時スマホ決済時間かかる人迷惑
現金で払えよと言いたい時あるから

12: ニューノーマルの名無しさん
まんまとハゲに騙されちゃったか

13: ニューノーマルの名無しさん
BTC払いはいつ実現するんだ?

14: ニューノーマルの名無しさん
やはり現金最強か

15: ニューノーマルの名無しさん
「有料になるならやめる」

16: ニューノーマルの名無しさん
現金ガチホ最強説

17: ニューノーマルの名無しさん
釣り銭の準備も大変だからなぁ

18: ニューノーマルの名無しさん
手数料0%というのは店側へのバラマキ
0%終わったらやめる店も増えるわな

19: ニューノーマルの名無しさん
店でペイペイでっ!て言う勇気がありません

Top