【話題】<この国を支配する「コロナ脳」問題>「ハッキリ言おう。日本人はバカとマゾだらけである」

1: Egg ★
日本人はバカとマゾだらけ

写真
no title

新型コロナについては「ヤバいです」というスタンスに立たないと“人でなし”扱いされることは、この1年4ヵ月の経験で皆さんもよく分かったことだろう。

 その空気の中では客観的データなど一切の意味を持たない。とにかく「お気持ち」「恐怖心」「生命・延命重視主義」という空気の中では冷静なデータや事実の読み解きなど、ただただ邪魔なのである。

 最たる例が、前内閣官房参与、嘉悦大学教授・高橋洋一氏の辞任騒動である。同氏の2つのツイートが大炎上し、メディアからも猛烈なバッシングを受け、野党は国会招致を求めるほどの大騒ぎだった。

 問題視されたツイートは以下の通りである。

 「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」
「日本の緊急事態宣言といっても、欧米から見れば戒厳令でもなく『屁みたいな』ものでないのかな」

 同氏はいずれのツイートでも日本の被害が欧米各国より軽微であることを示す「Our World in Data」のグラフを貼り、その解説として文章を添えたのだが、テレビはそのグラフは紹介せず、言葉だけを切り取った(グラフの一部は出たものの、テロップで核心部分は隠れていた)。

 これを受け、たとえば『めざまし8』(フジテレビ系)MCの谷原章介氏がこの発言を問題視するなど、高橋氏はメディアから全面的な批判を浴びせられた。谷原氏の発言については、テレビを見てコタツ記事を作ることが仕事のスポーツ報知電子版が、下のようなお手軽記事を掲載した。

 〈 谷原章介、「さざ波発言」で辞任の高橋洋一氏に怒り「頑張っている人みんなをバカにしている」〉

 『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演する社員コメンテーター玉川徹氏は、「内閣官房参与は総理に直接会って助言をする立場ですよね。総理は助言を得るために国税を使ってわざわざ任命しているんです」と発言。その後、高橋氏はツイッターで「調べてから言うべき。私に対する国費はないのだが」と玉川氏に反論。内閣参与としての仕事は無給で行なっていたという。

 谷原氏の発言は大方「コロナで亡くなっている人がいるのに『さざ波』などとそのヤバさを矮小化するなど許せない!」という意味であろう。ただ、どう考えても、日本は数字は他国と比較すると「さざ波」である。しかも、後述するが、高橋氏の発言意図とは論点が大きくズレている。

 人口1億2800万人の日本では、5月29日現在、陽性者数73万5465人、死者1万2702人。人口が2.6倍の米国の場合、陽性者数は3321万8044人、死者は59万3288人だ。しかも「第一波」で緊急事態宣言が発動された昨年4月7日の東京の陽性者数は79人である。

 力強く経済を回復させた米国と比べて、いかに我が国がこのウイルスにビビりまくり、経済を停滞させ、自殺者を激増させてきたか、ということが問題なのである。確かに東アジアでは日本は劣等生に入るが欧米様に比べれば圧倒的にマシであり、それは厳然たる事実ではないか。

 ハッキリ言おう。日本人はバカとマゾだらけである。

6/2(水) 7:02 現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/51fd3b65fedb84b1362a7bf5c84ae3fa80522b9a


引用元: ・【話題】<この国を支配する「コロナ脳」問題>「ハッキリ言おう。日本人はバカとマゾだらけである」 [Egg★]


2: Egg ★
私の「コロナ脳」が解けた瞬間

 2020年春に「コロナはヤバ過ぎる」ということを多くのメディア・政治家・専門家が断言したため、比較的軽微な被害であるにもかかわらず、国民が過度に脅えてしまったのだ。

 そしてもはや彼らはその論調を撤回することができなくなっており、「後遺症」「変異種」「若者も重症化する」「3密でなく1密でも感染する」などなど、手を変え品を変え、恐怖煽動に勤しんでいる。

 正直言うと、私も昨年の5月あたりまでは「ヤバ過ぎる未知のウイルス」という捉え方をしており、ビビっていた。

 その後も連日、テレビがその恐怖を煽り、知事は神妙な面持ちでステイホームを呼びかけ、政治家は憔悴しきった顔で会見を続ける。そして野党はこのヤバ過ぎる状況に対して、政府の無策ぶりを糾弾する。コロナ治療に従事する医療関係者からは悲鳴が聞こえ、テレビ、ツイッターでは「医療関係者に感謝しましょう」と訴える声が多数登場する。

 逆説的だが、私の「コロナ脳」が解けたのは、日本全体がこの過度なコロナへの恐怖を共有しなくてはいけない! という「進め一億火の玉だ」状態になったのを感じた瞬間からである。

 いや、本当はこれって大したことないんじゃないか? 過剰な恐怖報道と実際に大変な思いをしている医療従事者の悲鳴、マスク率99.5%、店舗での検温・アクリル板・アルコール消毒という“舞台演出”によって恐怖心を植えつけられているだけなのでは? と思い始めたのだ。

 何しろ、かつては外から見ても分かるほど混んでいた街の病院の待合室がガラガラであることが多かったし、私の周囲では陽性者がまったく出ていない。これまでにたった2人だけで、そのうちの1人とは8年ほど会っていない。フェイスブックの報告で知っただけだ。

 しかし、こういうことを言うと、「あなたはそれを医療従事者の前で言えますか!」「あなたはそれを遺族の前で言えますか!」とテンプレート式の反論が山ほどくる。つまり、高橋氏の「さざ波」という言葉があれだけ非難轟轟になったのは、「コロナは『ヤバ過ぎます』という点について一切異論を挟んではいけない」という空気感が完全に醸成されているからだ。

 〈 谷原章介、「さざ波発言」で辞任の高橋洋一氏に怒り「頑張っている人みんなをバカにしている」〉

 この谷原氏の番組中の発言にしてもそうだ。『王様のブランチ』(TBS系)などでユーモアを交えた見事な司会ぶりを見せていた彼でさえ、「コロナはヤバ過ぎます」「コロナへの軽視発言は万死に値する」という空気に飲まれてしまったのだ、と愕然とした。

16: ニューノーマルの名無しさん
>>2
「テンプレート式の反論」に反論できてないんだけどw

3: Egg ★
私がこのコロナ騒動を見ていてとんでもなく虚しく思うのは、人は個々人によって恐ろしいものは違っていいはずなのに、コロナについては一律に、そして過度に怖がる点である。さらに、怖がらない人間は人でなしの烙印を押され、非常識で誰かを死に至らせかねないテロリスト予備軍である、と糾弾される点だ。

 人がコロナ以外の理由でも簡単に死ぬ脆い存在だということを忘れているのだろうか。

 私がコロナをそこまで恐れていない(というかまったく恐れていない)のは、私にとっては鬱病と若年者のガンの方がよっぽど恐ろしいからである。鬱病が原因で20代・30代で深い関係性にあった知り合い(大学の同級生・大学の先輩・取引先・会社の同期・婚約者)を5人亡くしているし、若年性のガンについては、42歳だった大阪の知り合いにガンが判明、そこからの急展開をこの目で見た。

 兵庫県明石市の高度なガン治療ができる施設に見舞いに行った時はまだ元気だった。だがその8ヵ月後、京都の病院に転院したころにはガリガリにやせ細っており、少量の食事を終わらせるのに1時間もかかる状態だった。帰り際、病院の入り口近くで「オレは死にたくないんです!  また、中川さんと一緒にビールを飲みたいんです!」と慟哭し、1ヵ月後に亡くなった。

 彼は自分が生きた証を残したいと言い、「オレを何かの雑誌に出してください!」と依頼してきた。週刊SPA! 編集部からは「40代のがん患者が死ぬ前にやっておくべきこと」という特集を依頼された。彼は、まだ元気で死ぬことは想定していなかった時期に、若干の自虐ネタも交えてインタビューに応じてくれた。「あぁ、これで一つオレが生きた証ができました。ありがとうございます」と言われた。

 このように、実際に交流のあった人たちが亡くなった経験から、私にとってはコロナより鬱病と若年性のガンの方がよっぽど怖いのだ。

 若くして親を心筋梗塞で亡くした少年は一生、心筋梗塞をとにかく恐れるだろうし、家族が交通事故の犠牲になった人は、そのトラウマから車の運転ができなくなるかもしれない。

 個々人が個別の理由で「怖い何か」を持っていて当然なのに、おかしなことに、コロナについては強制的に全員が同じレベルで怖がらなくてはいけないような空気感になっている。

 こうした全体主義は「マスク警察」やテレビの「アーッ!  あそこにいる若者たちはマスクをしていません!」という報道にも表れている。

 たとえば、タバコを吸っていると肺がんになりやすくなるのはデータからも明らかだが、禁煙指定された場所以外でタバコを吸う人に向かって「こら、タバコを吸うんじゃない!」などとは、よほどのタバコ嫌い以外は注意しないだろうし、吸ってる側も「ここでは許可されてるだろ!」と逆ギレできる。

 だが、昨今の「マスク警察」にはこの理屈は通用しない。圧倒的多数のマスク着用者が発する「圧」により、気の弱い人はマスクをつけずに外を歩くのが恐ろしいと感じることだろう。

4: ニューノーマルの名無しさん
またさざ波泥

5: ニューノーマルの名無しさん
負け犬の遠吠え

6: ニューノーマルの名無しさん
なんだゲンダイか

7: ニューノーマルの名無しさん
政府の犬

8: ニューノーマルの名無しさん
おうインド行って来いや
同じ事言えるのかよ

9: ニューノーマルの名無しさん
隣の国はバカと詐欺師だらけ

10: ニューノーマルの名無しさん
そんな日本から搾取してるクズゲンダイが

11: ニューノーマルの名無しさん
小林よしのりが寄稿したんか?

12: ニューノーマルの名無しさん
怯えた方が家に居られるんだからいいだろアホか

13: ニューノーマルの名無しさん
> 中川 淳一郎
はい解散

14: ニューノーマルの名無しさん
え?さざ波加工されたコンドームの話し?
ゴムはオカモト一択だよな

15: ニューノーマルの名無しさん
大増税大緊縮、プライマリーバランス、財政健全化、カネを刷って、通貨安売春インバウンドで経済回復しちゃうと安倍を八年間も支え続け、尚且つ安倍の再登板を期待するバカとマゾのB層だらけだからな

17: ニューノーマルの名無しさん
てか老人が多すぎる
終わってる

18: ニューノーマルの名無しさん
外でマスク付けてない奴って自分のこと普通の日本人って思ってそうだよね

19: ニューノーマルの名無しさん
さざ波だろうがなんだろうが医療崩壊してるんだからしょうがない

20: ニューノーマルの名無しさん
コロナは大した事無いって言って信用出来るのは既にコロナにかかって治った人だけ

Top